Schick Style Magazine

髭の剃り方・整え方
髭の剃り方・整え方

気になる部分に、パーツ別のムダ毛処理方法

気になる部分に、パーツ別のムダ毛処理方法 気になる部分に、パーツ別のムダ毛処理方法

一口にムダ毛と言っても、髭や眉毛、腕の毛など様々。
人によって気になる部分が異なるうえ、全部剃った方が良いのかバランスよく残した方が良いのかも、部位によって異なります。
今回はパーツ別のムダ毛についてご紹介しますので、気になる部分を確認してみましょう。

眉毛

「そもそも眉毛にムダ毛なんかある?」と思った方もいるのではないでしょうか。

しかし、眉間に生えている産毛と眉毛の境目が濃くなってしまうと左右の眉毛が繋がって見えてしまいます。
また、ムダ毛ではありませんが眉毛の長さがそろっていないのが気になるという人も。長すぎる毛が1本でもあると、目立つため長さはそろえたほうが良いでしょう。

とは言え、眉毛を全部剃ってしまうと、まるで別人のような顔になってしまいます。あくまでムダ毛処理であるため、やり過ぎもNGの対象。
眉毛のムダ毛処理をするときは、左右が繋がって見えないようにすることと、程良い長さでそろえるのがポイントです。

顔の産毛

産毛自体は、意識して確認しない限り見えないものですが、頬やおでこの産毛は生えすぎていると顔の色がくすんで見えてしまうため、第一印象に響くでしょう。
後述する「髭」よりも敏感になる必要はありませんが、気づいたときに処理しておくことをおすすめします。

髭は毎日生えてくるため、忙しい時はついうっかり剃り残しがあったり、無精髭になってしまったりということも。
髭を生やすなら徹底的におしゃれに生やす、生やさないならしっかり剃るまたは脱毛する、と自分の好みに合ったケアを選ぶべきでしょう。

とくに無精髭はムダ毛が生えているように見えてしまいがちなので、フォーマルな場では剃るようにした方が無難でしょう。

鼻毛

顔にあるムダ毛のなかで、最も気を付けるべきなのが鼻毛です。鼻の機能上、鼻毛には埃やウイルスを外に追いやり、体内への侵入を防ぐ役割があるため決して悪い毛ではありません。
しかし、悪い毛ではないからといってそのまま放置しておくと、鼻の穴から何本もの鼻毛が見えてしまいます。鼻毛が出ていないかこまめにチェックし、専用のハサミで余計な分だけカットするなど対策しましょう。

ちなみに鼻毛を抜く行為はおすすめしません。鼻毛を抜くと鼻の中の粘膜が傷つき、細菌感染や鼻の中に膿を生じさせる原因になるためです。
自分の身体を守ってくれる大事な毛でもあるので、抜くのではなく余計なぶんだけカットするようにしましょう。

耳毛

意外と盲点なのが耳毛です。耳の中に生えている毛は鼻毛と同様に鼓膜を守る役割があるため、処理する必要はあまりありませんが、耳の外側に生えたムダ毛は意外と目立ってしまいます。産毛と一緒に処理しましょう。

胸毛

胸毛は人によって濃さが異なりますが、濃い人の場合は丸首のTシャツを着ているにも関わらず、胸毛がはみ出てしまっている状態になってしまうこともあります。まずはTシャツからはみ出そうな部位に生えている毛や長すぎる毛の処理から始めてみましょう。

背中・肩の毛

背中や肩の毛は、普段あまり見られることはありません。しかし、油断したまま夏を迎えてしまう男性も多いのではないでしょうか。
海やプールで肩や背中にムダ毛が生えていると、他人から指摘される可能性があります。もともと処理がしづらく、意識もしづらいかもしれませんが、肩や背中に生えやすい人は定期的に確認したほうが良いでしょう。

臍(へそ)の毛

ギャランドゥを含む、臍の毛。そのなかで最も印象が悪くなりやすいのがアンダーヘアや胸毛と繋がってしまっている状態です。

どんなにスタイルが良く筋肉があっても上半身の毛がつながっていたり、下半身の毛との境目が分からないと好印象にはなりません。臍の毛を生やすかどうかで対応が変わるため、まずはどちらにするかを決めてそれぞれに合った対応をしましょう。

アンダーヘア

アンダーヘアも臍の毛と同様に、太ももや臍の毛との境目に生えている毛はムダ毛として処理をしたほうが良いでしょう。また、あまりにも長すぎて陰部周囲がジャングルになっていると衛生面でも問題がありそうです。

程良い長さと量でそろえられているのがもっとも清潔感のあるアンダーヘアです。

腕の毛

腕の毛は、産毛くらいの薄さであれば問題ありません。しかし、なかには腕時計と毛が絡まってしまうほど長い毛が生えている男性もいます。腕の毛も他の毛と同様に程良い長さと量で揃えるようにしましょう。

01
まずは男性もムダ毛処理から始めよう!

「今や男性も美容に気を遣わなくてはいけない時代」と言われても、今まで習慣化してこなかったことを取り入れるのは難しいことです。とくに美容に関しては、時間をかけて効果を実感できるものですから、そのための一歩を踏み出せる方は少ないでしょう。

しかしムダ毛処理は、専用のハサミ1本で行えますし、その効果も早く実感できるため取り組みやすさ、継続しやすさがあります。ぜひこの記事を参考に、今まで意識してこなかった部位のムダ毛処理をしてみましょう。

RECOMMEND
おすすめアイテム

あなたにおすすめの記事