• ハイドロ
  • ハイドロカスタム
  • カミソリ
  • 男性
  • クアトロ
  • 替刃
  • プロテクター
  • レガシー
  • ウルトラ
  • スーパーⅡ
  • インジェクター
  • その他
  • 限定製品
  • ディスポ
  • エクストリーム
  • グルーミング
  • シェービング剤
  • 洗顔
  • 女性
  • ハイドロシルク
  • ボディ
  • イントゥイション
  • イントゥイションファブ
  • ディスポ製品
  • その他製品
  • ハイドロプレミアム
  • エグザクタ
  • シェーブガード
  • クアトロ4ウーマン
  • スマートシェーブ
  • Schick Style Magazine

    髭の剃り方・整え方
    髭の剃り方・整え方

    男性のムダ毛処理におすすめのカミソリは?

    男性のムダ毛処理におすすめのカミソリは? 男性のムダ毛処理におすすめのカミソリは?

    昨今、男性のムダ毛のケアが多く取り上げられるようになり、関心を持っている方も多いのではないでしょうか?

    ただムダ毛処理にお金はけられないという意見の方もいるのでは?
    そこでおすすめなのがカミソリでのムダ毛処理です。カミソリを用いたムダ毛処理はムダ毛処理に慣れていない男性も使いやすいアイテムです。

    この記事では、男性のムダ毛処理におすすめのカミソリの紹介とメリットを解説します。

    01
    カミソリでムダ毛処理をするメリット

    近年、ムダ毛処理の方法は多様化しつつあります。そのため、個人のニーズや目的にあった処理方法が選べます。

    カミソリでムダ毛を処理する際のメリットを解説します。

    安価で手に入りやすい

    カミソリを用いたムダ毛処理の、最大のメリットはコスパの良さです。

    脱毛サロンに通うとトータルで数万から数十万はかかります。また除毛クリームも、3,000円以上するものがほとんどです。
    その点、カミソリは安いもので500円前後買えますし、大手メーカーの製品でも2,000円前後で済むでしょう。

    全国のドラッグストアで購入できるほど身近で手に入りやすいのも魅力です。

    生やすも剃るも気分で変えられる

    ムダ毛処理はしたいけど、脱毛まではしたくない、とくに髭は最低限処理できればよい、と思っている方が多いでしょう。

    脱毛を選んでしまうと毛が生えにくくなってしまい、今後生やしたいと思っても難しいケースが考えられます。

    カミソリは「剃毛」の部類に入るため、日が経てばまた毛が生えてきます。

    細かい部分も手入れがしやすい

    カミソリ自体が非常にコンパクトであるため、シェーバーではなかなか剃りづらい場所も簡単に剃れます。

    02
    カミソリでムダ毛処理をするデメリット

    カミソリでのムダ毛処理はメリットだけではありません。次にカミソリでムダ毛処理をするデメリットを解説します。
    デメリットも理解した上で選びましょう。

    皮膚を傷つけやすい

    そもそもムダ毛処理は、皮膚にダメージを与えてしまいます。なかでもカミソリは皮膚に刃を当てるため、皮膚を傷つけてしまう可能性もあます。
    肌に優しい製品も多くありますが、使用する際はゆっくり丁寧に行いましょう。

    製品によって使いやすさに差が出る

    カミソリは全国どこでも購入できるメリットがある一方で、製品によって剃りやすさに差が出るというデメリットが挙げられます。

    高いほど良いとは言いきれませんが、しっかりキレイに剃れる可能性が高いでしょう。

    03
    ムダ毛処理でのカミソリと電気シェーバーの違い

     

    カミソリも電気シェーバーも、処理方法としては剃毛の部類です。ただカミソリと電気シェーバーでは、メリット・デメリットがともに異なります。

    上述したカミソリのメリット・デメリットと比較しながら読み進めてみましょう。

    電気シェーバーでムダ毛処理をするメリット

    電気シェーバーのメリットを解説します。

    刃が直接皮膚に当たらない

    電気シェーバーは皮膚に直接刃を当てずに剃れます。そのためカミソリのように剃っている途中に出血したり深剃りをする心配が軽減されます。刃を皮膚に当てるのが怖い方は電気シェーバーで剃るのがおすすめです。

    電気シェーバーでムダ毛処理をするデメリット

    電気シェーバーのデメリットを解説します。

    手入れが必要

    電気シェーバーは、定期的に手入れが必要です。とくに刃や皮膚に当てる部分は、放置しておくと毛や皮膚の角質が付着したままになり、悪臭や錆びの原因になります。水洗いできるシェーバーがおすすめです。

    カミソリよりも高価

    電気シェーバーも価格はさまざまですが、カミソリと比較すると高価になります。カミソリの相場がかなり安価なだけに電気シェーバーはどうしてもハードルが高くなってしまいがちです。

    以上のように、カミソリと電気シェーバーではメリットやデメリットが大きく異なります。剃毛でムダ毛を処理する場合は、どちらがご自分にとって良いかを見極めて使用しましょう。

    04
    男性のムダ毛処理におすすめのカミソリ3選

     

    カミソリでムダ毛を処理するならSchickのカミソリがおすすめです。

    おすすめのカミソリを3つ紹介します。

    極シリーズ

    カミソリならではの深剃りと上質な肌ケアの両立が可能な、シック史上最高峰*1 なモデルです。

    「KIWAMI 敏感肌用」も販売されているため、敏感肌の方はそちらを購入すると良いでしょう。

    *1 ハンドルの衝撃吸収機能によるシック史上最高の剃り心地

    ハイドロシリーズ

    肌をいたわり、肌をやさし守るシェービングが可能です。
    濃密なジェルが摩擦を軽減し、剃る度に滑りを良くして肌を守ります。またカミソリ上部のヘッド部分を倒すフリップ式トリマー(TM)で
    ヘッドがコンパクトになり、手の届きにくい鼻の下やもみあげ部分も剃れます。

    「ハイドロ5プレミアム敏感肌用」も販売されているため、敏感肌の方はそちらを購入すると良いでしょう。

    クアトロシリーズ

    クアトロシリーズは5枚刃と4枚刃の2タイプ。クアトロは「ドイツゾーリンゲン製のチタンコート刃」なので、しっかり剃れて、切れ味が長持ちです。
    従来のカミソリに比べ、狭いところも剃りやすいコンパクトヘッドを採用しています。

    05
    カミソリでムダ毛処理をする方法

     

    初めてカミソリでムダ毛を処理する方は、適切な方法で剃りましょう。

    以下を参考に進めてください。

    ムダ毛が生えている部分を洗う ・汚れを落とすとカミソリの刃をスムーズに動かせる
    剃る前に蒸しタオルを当て、ムダ毛を柔らかくする ・蒸しタオルを顔にあてることで、硬いムダ毛に水分を与えて柔らかくします。
    自分に合ったシェービング剤で髭や肌を柔らかくする
    https://schick.jp/pages/howto_movie
    ・刃の滑りをよくする
    ・肌を保護する
    ・ジェルやフォームなど、自分に合ったタイプを選ぶと良い
    順剃り・逆剃り・張り手の順番に刃を進めていく ・順剃りとは、毛の生えている方向に沿って剃ること
    ・逆剃りは順剃りの逆で、剃り残しがある部分に効果的
    ・皮膚を引っ張り髭を立たせて剃る添え手という剃り方があるが、カミソリによっては刃の下にあるゴムの部分が添え手の役割を果たすものもある
    処理後の肌ケア ・肌を整えるために、保湿剤や乳液を塗る
    06
    カミソリでムダ毛処理を行う男性は前と後に肌ケアを

    カミソリはセルフでムダ毛処理をしたい方におすすめです。

    ただ人によっては肌に余計なダメージを与えてしまう可能性があるので、処理をする前後は肌ケアを忘れずに行いましょう。

    あなたにおすすめの記事