Schick Style Magazine

髭の剃り方・整え方
髭の剃り方・整え方

髭剃りで肌荒れを起こす理由と対処法を紹介

髭剃りで肌荒れを起こす理由と対処法を紹介 髭剃りで肌荒れを起こす理由と対処法を紹介

髭剃りを行っていると、肌荒れが発生しやすくなります。その原因は髭剃りの際に皮膚の一部を一緒に剥がしてしまうためです。
髭剃りでは、皮膚を傷つけないようにすることが重要となるため、しっかりと対策を行いましょう。

この記事では、髭剃りによって肌荒れを起こす原因や肌荒れを起こさないための対処法、おすすめの商品について紹介します。

01
髭剃りで肌荒れを起こす原因

髭剃りで肌荒れが起きる原因は、皮膚の角質層が髭剃りによって剥がれ、水分が蒸散されやすくなるためです。

皮膚は角質層によってバリア機能を有しています。この角質層は髭剃りの刃によって削られ、水分が失われることが多いのです。
角質層によって守られていた水分が失われ、保湿できない状態となってしまいます。
その結果、肌荒れにつながるのです。さらに細菌が入り込んでしまうと、炎症が起きてニキビなどの原因となる場合があります。

このようなカミソリの刃に肌が負けてしまっており、肌の状態が悪くなってしまう状態をカミソリ負けという言葉で表現します。
肌の状態を悪化させないためにも、普段から乾燥などに気をつけて髭剃りをする必要があります。

肌荒れはほかの肌トラブルの原因になりやすく、放置しているとさまざまな問題が起きてしまいます。
肌荒れを起こさないための対策はとても重要なため、髭剃りの際は肌を傷付けないように気を付けましょう。

02
髭剃りで肌荒れを起こさないための対処法

髭剃りによって肌荒れを起こさないための対処方は、以下の通りです。

・カミソリの刃を交換する
・保湿力のある髭剃り用カミソリを使う
・シェービング剤を利用する
・髭剃り後に保湿する

これらの対処方を行うことで角質層を傷つける可能性が減り、より安心して髭剃りが可能です。
髭剃りで肌を傷つけないようにするため、皮膚を保護するための対策を取るようにしましょう。

次に、髭剃りで肌荒れを起こさないための対処法について詳しく紹介します。

カミソリの刃を交換する

カミソリを使って髭剃りをしている場合、髭剃り1回毎に刃は劣化していきます。
劣化しているカミソリは、本来であれば綺麗に剃れるはずの部位が綺麗に剃れなくなり、肌をより傷つける可能性があります。

そのためカミソリの刃を交換し、より快適に剃れる状態にしておくことが大切です。
新しいものに変えれば、カミソリは本来の機能を取り戻してくれるため、今まで通りに肌を傷付けずに髭剃りができる可能性が高まります。

刃を交換できないタイプの場合は新しいものを購入して使うようにしましょう。
同じカミソリを使い続けるなどの方法は取らないようにして、できる限り早く交換すると良いです。
性能の劣化した刃を使い続けると髭剃りに時間がかかる問題も起きてしまいます。

保湿力のある髭剃り用カミソリを使う

カミソリには保湿力のある刃も販売されています。
最近では保護部が取り付けられ、髭剃り中に肌を傷めないようにする対策が可能となりました。このようなカミソリを利用すれば、快適に髭剃りが可能となるほか、保湿も同時に行えます。

カミソリの刃はできる限り早く交換するように心がけてください。保湿する部分は刃よりも劣化しやすい傾向があり、何度か利用していると効果がなくなってしまいます。
保湿する部分がなくなっていると判断できる場合は刃を交換し、新しいものを使ったほうが良いでしょう。

このようなカミソリは、シェービング剤などを利用しなくても簡単に保湿ができる点がメリットです。できる限り保湿にも対応しているカミソリを購入するように心がけましょう。

シェービング剤を利用する

電動シェーバーを利用する場合でも、シェービング剤を利用して保護する方法で肌荒れを防げます。

カミソリでもシェービング剤を使えば、摩擦が軽減され、肌荒れが起こりづらくなります。 また、電動シェーバーでも専用のシェービング剤を利用することで、肌荒れを防ぎやすくなるメリットが得られます。

シェービング剤は数多くの商品が販売されていますが、ジェルタイプと泡タイプがあります。
ジェルは使い勝手が良く、泡は保護する能力が高いです。

どちらをシェービング剤として利用するかも含めて、しっかりと肌を保護する効果のある商品を選んでください。
また、電動シェーバーの場合は、電動シェーバー専用とされているシェービング剤を購入するようにしましょう。

髭剃り後に保湿する

髭剃りが終わったら保湿を行い、肌のダメージを最小限に抑えるように心がけましょう。

何もしていない状態では、皮膚からの水分蒸散が多く、肌荒れにつながってしまいます。これを避けるために、髭剃りを行った部分を保湿しておく必要があります。

保湿するだけでダメージを減少させる効果があるほか、ヒリヒリ感が残りづらくなります。
髭剃りが終わったら保湿を行い、肌へのダメージを抑えて肌荒れを防ぎましょう。

商品によっては刺激が強いため、自分の肌に合うものを選ぶようにすることが大切です。

03
髭剃りで肌荒れを起こしづらくするためにおすすめの商品

Schick ハイドロ5

ハイドロ5は、モイスチャージェルが溶け出すことでカミソリのすべりが良くなっています。 そのため、カミソリによる肌への負担も減らしてくれるのです。
5枚刃になっており、少ない力で深剃りすることができます。さらに、スキンガードが付いていることで安心して剃ることが可能です。

Schick クアトロ5

クアトロ5は刃の間が狭く、ヘッド部分がコンパクトになっており、5枚刃のため深剃りができます。
また、デザインカッターが付いていることで髭だけでなく、モミアゲなどを細かく剃ることができます。
人間工学による設計がされた持ち手により、剃りやすくなっています。

Schick プロテクター3

プロテクター3には、スキンストレッチャーが付いており、肌をのばすことで剃りやすくしてくれます。
マイクロセーフティワイヤーやアロエ・ビタミンEを配合しているアクアグライドによって、カミソリのすべりを良くして肌にかかる負担を減らします。
またクリーニングシステムにより長く快適に使うことが可能です。

04
髭剃りの肌荒れを避けるためにきちんと対策しよう

髭剃りは肌荒れの原因となるため、できる限り肌荒れを避けるような対策が必要です。
快適な髭剃りのためには、まず肌を保護するための対策を取り、そのうえで髭剃りに使う製品を常に良い状態を保つようにしましょう。

髭剃りによる肌荒れを防ぐために、原因を知り対処法を心がけるようにしましょう。

RECOMMEND
おすすめアイテム

あなたにおすすめの記事