Schick Style Magazine

髭の剃り方・整え方
髭の剃り方・整え方

髭剃りの正しい頻度とタイミングを紹介

髭剃りの正しい頻度とタイミングを紹介 髭剃りの正しい頻度とタイミングを紹介

髭剃りはいつどのタイミングでどれくらいの頻度でおこなっているでしょうか。朝剃る方や夜剃る方、1日おきに剃る方や毎日剃る方など様々でしょう。
この記事では、髭を剃るのに正しい頻度やタイミングはあるのかを紹介します。

01
髭剃りを行う適切な頻度とタイミング

髭剃りをおこなう最適な頻度やタイミングをご存知でしょうか。
頻度については明確な答えがありません。これは髭が生えてくる速さや濃さが人によって異なるためです。

髭が薄い方は1日に1回や2日に1回でも足りるかもしれませんが、濃い方は1日に2回以上必要になる場合もあります。個人差はどうしても出てきてしまうので、自分の髭の性質に合わせて頻度を変えていきましょう。

ではタイミングはどうでしょうか。
朝剃る方もいれば、夜剃る方もいてどのタイミングが良いのか分からないという方もいることでしょう。

一般的に、髭を剃るのであれば、起床後が良いと言われています。

これは睡眠によって肌が回復していることから、疲労が溜まっている就寝前よりも起床後のほうが肌への負担が抑えられるためです。

ただし、目覚めた直後は皮膚が睡眠中に体液で膨張していることから、シェービングに不向きとされています。起床後15~20分程度おくことで血行が促進されて、皮膚が通常の張りに戻ることから、その後シェービングをおこないましょう。

また起床後は時間がないという方は、入浴時や入浴後であれば髭が水分を含み髭と肌が柔らかくなっているため、引っかかりを抑えて剃りやすくなります。

02
髭剃りの正しい方法とケア

髭剃りは、剃る前の準備から剃り方、剃った後のケアまで正しい手順でおこないましょう。

髭は一般的に銅線程度の硬さがあることから、そのまま剃ると剃り残しを出しやすくなります。
また毛穴も閉じていることで、深く剃ることができません。そのため最初に肌を温めて毛穴を開くことが必要です。

温めたタオルなどを顔に当てて毛穴を開かせましょう。その後、シェービング剤を使用して髭と肌にうるおいを与え、髭の柔軟性を高めます。こうすることで髭を柔らかくし、剃りやすい状態を作ります。

カミソリを使って髭を剃りますが、すでに柔らかくなっているので力はそれほど入れる必要はありません。

面積が大きく剃りやすい頬の髭から剃っていきますが、剃る際は髭が生えている方向に沿って剃るのがポイントです。続いて顎や口周り、鼻の下など硬い髭を剃ります。

基本的に髭が生えている方向に剃ることは変わりませんが、全体が剃れたら生えている方向とは逆に剃り直すことで深剃りすることができます。

髭を剃り終わったあとは、肌が刺激に敏感になっているためローションや保湿ジェルを使ってケアをしてあげましょう。

髭剃り後のケアは肌によって異なる

肌にも種類があり、乾燥肌や敏感肌、脂性肌と人によって異なります。そのためローションや保湿ジェル選びにも肌に合ったものを選ぶ必要があります。

例えば乾燥肌であれば保湿力が高いものが配合されているタイプ、脂性肌であれば保湿力を持ちながらさっぱりしたタイプを選ぶと良いです。

特に敏感肌の方は刺激性の強いものを選ぶと、肌トラブルを起こす可能性があるため、慎重に選びましょう。

03
髭剃りは頻度だけでなくカミソリ選びも重要

髭剃りの頻度は人によって異なります。それは髭が生える速さや濃さに個人差があるためですが、もしかすると適したカミソリを使えていない可能性もあります。

深剃りができるカミソリを使っていないために、髭剃りが甘く、すぐに生えてきてしまうため髭剃りの頻度が高くなるというケースも考えられます。

自分の髭の性質に合ったカミソリなのか、もう一度選び方を見直してみましょう。次に、深剃りができるものや肌に優しいカミソリを3つ紹介します。

深剃り用カミソリの極みシリーズは定番となる「極」と敏感肌用の「極 敏感肌」の
2タイプが販売されています。この極は髭を剃ることと整えることに必要な機能を揃えており、滑らかで優しい剃り心地です。

これは搭載されている5枚の刃を短いストロークで並べることにより深剃りをしつつ、スキンガードで肌上の動きをコントロールして、刃と刃の間に肌が食い込むのを防いでいます。

またジェルプールを搭載することで、剃ったあとの肌をうるおして保護しながら快適な剃り心地を生み出しているのです。

肌にかかる圧力を自動で調整する衝撃吸収テクノロジーやキワ剃りもしやすくするヘッドのロックボタン機能で肌を守りながら密着して剃り残しを減らします。

さらに鼻の下やモミアゲなど細かい部分を剃るために、フリップ式トリマーTMというコンパクトヘッドも搭載しているため、扱いやすい商品です。

朝剃ってもすぐに髭が伸びてしまう方や、深剃りはしたいけど肌の負担が心配という方におすすめのカミソリです。

ハイドロ5

ハイドロシリーズは「ハイドロプレミアム」と「ハイドロ5」の2タイプがありますが、そのなかでもハイドロ5は髭の形を整えるうえでおすすめです。

ハイドロ5はシェービングしながら肌をうるおすモイスチャージェル®を搭載しているという特徴があり、剃るたびにすべりを良くして肌を守ってくれます。またスキンガードも付いており、刃と刃の間に肌が食い込むことも防止してくれるので、敏感肌の方にも優しい構造です。

搭載された5枚刃によって短い時間での深剃りができ、フリップ式トリマーTMで鼻の下やモミアゲのお手入れにもしやすいため、朝時間がなくても剃り残しを抑えた髭剃りが可能になります。

ウォータースルー構造のため、刃の後方から水を流すことでカミソリに残った髭を簡単に洗い流すことができます。これまで髭剃りをしてきて深剃りをした方だけでなく、初心者の方にも扱いやすい1本です。

プロテクター3

プロテクター3は肌を保護しつつ、しっかりと髭を剃りたい方におすすめです。

搭載されているスキンストレッチャーは髭を剃りやすい状態に肌を伸ばし、6本のマイクロセーフティーワイヤーが肌をシェービングダメージから守ってくれます。

またアロエ・ビタミンEを配合しているアクアグライドにより、スムーズなすべりを実現しているので、滑らかに髭を剃り上げることが可能です。

刃の切れ味を長持ちさせるクリーニングシステムがあるため、切れ味は悪くなりにくいですが、定期的な替刃への交換は必要になります。

04
髭剃りは正しい頻度で行おう

髭剃りは正しい頻度やタイミングでおこなうことで良い印象を保ちつつ、肌への負担も減らすことができます。

しかし頻度は人によって異なり、タイミングも生活リズムによって変わる可能性があります。そのため、自分に合った頻度やタイミングを見極めていく必要があります。

また頻度、タイミングともに正しい方法や適したカミソリを使うことで改善をすることもできるかもしれません。まずは自分の髭のことを知り、正しい方法を身に付け、適したカミソリを探すことから始めていきましょう。

RECOMMEND
おすすめアイテム

あなたにおすすめの記事