• ハイドロ
  • ハイドロカスタム
  • カミソリ
  • 男性
  • クアトロ
  • 替刃
  • プロテクター
  • レガシー
  • ウルトラ
  • スーパーⅡ
  • インジェクター
  • その他
  • 限定製品
  • ディスポ
  • エクストリーム
  • グルーミング
  • シェービング剤
  • 洗顔
  • 女性
  • ハイドロシルク
  • ボディ
  • イントゥイション
  • イントゥイションファブ
  • ディスポ製品
  • その他製品
  • ハイドロプレミアム
  • エグザクタ
  • シェーブガード
  • クアトロ4ウーマン
  • スマートシェーブ
  • TOPシックスタイルマガジン シックスタイルマガジン for WOMEN パーツ別の剃り方もみあげを剃ると印象が変わる? 処理方法もご紹介

    Schick Style Magazine

    ムダ毛処理の知識
    パーツ別の剃り方
    パーツ別の剃り方

    もみあげを剃ると印象が変わる? 処理方法もご紹介

    もみあげを剃ると印象が変わる? 処理方法もご紹介 もみあげを剃ると印象が変わる? 処理方法もご紹介

    あなたは普段、もみあげについて意識していますか? いつもは髪を下ろしている方だとあまり気づかないかもしれませんが、髪をアップしたときや耳にかけたときなど意外と女性でももみあげは目立つもの。

    今回はもみあげで顔の印象がどう変わるかを紹介した後に、その処理方法についてもご紹介します。

    01
    もみあげで顔の印象が変わる?

    男性の方が髪が短いので、もみあげを意識している、と思っていませんか?例えば、ヘアスタイルの一環として、長く伸ばしてみたり逆にしっかり剃り落としてみたり。しかし、顔の印象に与える影響が意外と大きいので女性でももみあげは意識しておきたい点。特にもみあげ部分が見えやすい髪型の方は、ぜひチェックして頂きたいポイントです。

    もみあげの整え方で気にしたいのは、ヘアスタイルに合わせることです。それぞれのスタイルによって理想のもみあげの形は変わるのですが、基本的には「短くて薄い」方がオススメです。 ヘアスタイルとの調和がうまくいくと小顔効果も得られるそうです。

    02
    もみあげの処理方法紹介

    男性の方が髪が短いので、もみあげを意識しTもみあげを処理するには、専用のサロンやクリニックで処理する(脱毛する)場合と、自分で処理する(剃る)方法の大きく2通りの方法があります。

    もみあげを処理するには、専用のサロンやクリニックで処理する(脱毛する)場合と、自分で処理する(剃る)方法の大きく分けて2通りの方法があります。
    専用のサロンやクリニックで処理する場合は、施術内容を十分に確認しましょう。もみあげだけを単独で施術してくれるところ、頬の延長として一緒にセットで行っているところなど、そのクリニックやサロンによって内容が異なります。男性メニューと女性メニューとで施術範囲も変わり、産毛の脱毛方式も医療レーザー脱毛や光脱毛など方式がいくつかあります。事前に施術内容を知った上でお試しいただくとよいでしょう。

    施術前のカウンセリングでその人の肌の状態に合わせて施術してくれるので、安心してケアしやすいです。もみあげはメラニンの濃い太い毛なので、他の産毛と比べて痛みを感じやすい特徴があり、施術中には多少の痛みを伴うこともあります。どうしても痛みが気になるときは、無理せずにスタッフと相談するといいでしょう。出力を抑えてくれたり麻酔クリームを使用して痛みを緩和してくれたりといった対応をしてもらえるでしょう。

    03
    もみあげを自分で処理する方法

    自分で処理する場合は、手軽な顔用のL型カミソリを使用するのがおすすめです。

    まず普段髪を下ろしている人は、髪をアップにしてもみあげがよく見える状態にします。もみあげは自分の目に対してサイドにある分、自己処理がやや難しい部位。一気に剃ると失敗しやすくなるので、まずどこまでの高さに整えるか決めて、アイブロウペンシルやアイライナーなどで目印をつけるようにしましょう。少し短めにそろえたい方は、耳の穴くらいの高さに合わせるのが無難です。鏡を見ながら、慎重に行ってください。剃りたい部分に乳液やクリームを塗ると、刃の滑りがなめらかになり、肌への負担が減ります。フェイシャルシェービングの基本は、毛の流れに沿ってカミソリを動かすこと。目印から下の部分を処理し終わったら、剃った部分をキレイに洗い流すか、濡れたコットンでふき取るなどし、アフターケアとして十分な保湿も行いましょう。

    いかがでしたか? もみあげの処理として、クリニックやサロンで行う方法と自分で剃る方法とを紹介しました。クリニックやサロンで処理する場合は施術内容を十分に確認し、自己処理する場合は手順を守って適切にケアすることが大切です。キレイに処理できたら、顔全体の印象が変わったことを実感できるかもしれません。少しでも興味をもたれたら、是非、一度お試しください。

    04
    やさしく剃れて、仕上がりキレイ。敏感肌*用のフェイス用カミソリがオススメ!

    プレミア敏感肌*用Lディスポは、やさしく剃れて、キレイな仕上がりも実現する顔のお手入れのための必須アイテムです。
    肌負担を抑えるマイクロガード付きで、肌を守るやさしさ設計。超コンパクトヘッドで細かいところもキレイに剃れる、優れもの!

    *カミソリの物理的な刺激による

    あなたにおすすめの記事