• ハイドロ
  • ハイドロカスタム
  • カミソリ
  • 男性
  • クアトロ
  • 替刃
  • プロテクター
  • レガシー
  • ウルトラ
  • スーパーⅡ
  • インジェクター
  • その他
  • 限定製品
  • ディスポ
  • エクストリーム
  • グルーミング
  • シェービング剤
  • 洗顔
  • 女性
  • ハイドロシルク
  • ボディ
  • イントゥイション
  • イントゥイションファブ
  • ディスポ製品
  • その他製品
  • ハイドロプレミアム
  • エグザクタ
  • シェーブガード
  • クアトロ4ウーマン
  • スマートシェーブ
  • TOPシックスタイルマガジン シックスタイルマガジン for WOMEN パーツ別の剃り方カミソリによるムダ毛処理の注意点とは?部位別に紹介

    Schick Style Magazine

    ムダ毛処理の知識
    パーツ別の剃り方
    パーツ別の剃り方

    カミソリによるムダ毛処理の注意点とは?部位別に紹介

    カミソリによるムダ毛処理の注意点とは?部位別に紹介 カミソリによるムダ毛処理の注意点とは?部位別に紹介

    肌を露出する季節になるとムダ毛が気になる方も多いのではないでしょうか。カミソリは自分で簡単にムダ毛処理ができるため多くの方が利用する自己処理方法です。しかし、カミソリを使ったムダ毛処理ではいくつか注意しなければいけない点もあります。

    この記事では、カミソリによるムダ毛処理の注意点を部位別に紹介していきますので、ムダ毛を自己処理している方はぜひチェックしておきましょう。

    01
    ムダ毛処理に使うカミソリの種類は?

    ムダ毛処理に使うカミソリには手動のカミソリと電動カミソリがあります。
    まずは、手動のカミソリと電動カミソリの違いを紹介します。

    ■手動カミソリ
    手頃な値段で購入できる手動カミソリは、直接肌に刃を当てて表面上の毛をそっていくというものです。小回りが利き手の力加減で簡単にムダ毛を処理することができるのが特徴です。
    T字型・L字型・ソープやジェル付き・首振りヘッド機能付きなど、手動のカミソリにはさまざまな種類があり価格帯が安価であることから金銭的な負担が抑えられるのも嬉しいポイントです。

    ■電動カミソリ
    電気カミソリは手動カミソリとは違い刃を直接肌に当てることはありません。肌に当てずにムダ毛を処理していくため肌を傷つけにくいのが特徴です。
    ただし、手動カミソリよりも価格が高価のため頻繁に買い替えることはできません。

    02
    手動カミソリと電動カミソリの違い

    手動カミソリと電動カミソリの違いは、主に以下の通りです。

    <手動カミソリのメリット>
    ・比較的安価で購入できる
    ・深ぞりができる
    ・細かいところも綺麗にそることができる
    ・替刃や使い捨て刃を利用すれば衛生的

    <電動カミソリのメリット>
    ・肌トラブルが起こりにくい
    ・場所を問わず簡単に処理ができる
    ・顔やデリケートゾーンも処理できる
    ・壊れるまで何度でも使える

    では、手動カミソリと電動カミソリのデメリットはどんなことがあるのでしょうか。手動カミソリと電動カミソリの主なデメリットは以下の通りです。

    <手動カミソリのデメリット>
    ・直接刃が当たり皮膚を傷つけることがある
    ・正しいそり方やケアが必要

    <電動カミソリのデメリット>
    ・使い方に慣れるまでは上手にそれない
    ・手入れに手間がかかる
    ・カミソリ内に菌が繁殖してしまう可能性がある
    ・手動カミソリよりもコストがかかる

    手動カミソリと電動カミソリのどちらにも良い面や悪い面があります。カミソリを選ぶ際は、手動か電動か、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

    03
    カミソリによるムダ毛処理で起こりがちなトラブル

    ムダ毛処理で起こりがちな肌トラブルとはどのようなものなのでしょう。
    ここではカミソリで起こりやすいトラブルを紹介します。

    ■出血
    カミソリは肌に直接刃を当ててムダ毛を処理します。そのため、誤った自己処理方法をすると皮膚を切ってしまい出血することがあります。また、肌には見えない細かな隆起もあるため、気が付かずにカミソリで毛を処理すると肌を傷つけ出血することがあります。

    ■カミソリ負け
    カミソリは直接肌に当てて毛をそるため、皮膚のバリア機能が低下しやすくなります。そのため、肌がヒリヒリしたり、赤いブツブツが生じたり、カミソリの刺激や摩擦によって皮膚に色素沈着が起きるなどと、カミソリ負けの症状が現れることもあります

    04
    カミソリでムダ毛処理するときの注意点を部位別に紹介!

    カミソリによるムダ毛処理で肌トラブルを起こさないために注意しておきたいポイントについて、部位別に紹介します。

    ■顔のムダ毛処理
    顔のムダ毛処理をする際は乾燥した状態でカミソリの刃を肌に当てないようにしましょう。
    お手入れの前には必ず顔についた汚れを洗い落とし、クリームを顔全体に塗ってムダ毛を処理します。顔に塗るクリームは、毛の流れと反対方向に塗りましょう。寝ている毛が立つため、顔の産毛まで綺麗にそりやすくなります。

    また、顔は凹凸が多い部位のため、首振りヘッド機能付きのカミソリで肌にフィットさせながら、毛の流れに沿って毛をそっていきましょう

    ■脇のムダ毛処理
    脇はシワが寄っていてそりにくい部位でもあります。脇のムダ毛処理では腕をしっかり上げて脇を平らにしてカミソリをあてるようにしましょう。腕を上げるのが辛い方は、片方の手で皮膚を引っ張り、広げながらそるようにします。

    また、脇はそりづらい部分のため手元が狂いやすくもあります。安全ガードのついたT字型カミソリを使うと良いでしょう。

    ■背中のムダ毛処理
    背中のムダ毛処理は、自己処理が難しい部位の1つです。

    背中のムダ毛処理をする際は、明るい場所を選び合わせ鏡で確認をしながらカミソリでそっていきます。
    自分の手が届く範囲でクリームを塗って、同じ箇所を何度もそらないように気を付けながらカミソリを使いましょう。また、無理してカミソリを使うと肌を傷つけてしまう可能性があるので、安全ガードのついたカミソリを用いて、届く範囲内でムダ毛処理を行いましょう。

    ■ボディのムダ毛処理
    ボディのムダ毛処理は、比較的自己処理しやすい部分でもあります。しかし、何度もカミソリを用いると肌の負担になってしまいます。同じ部位を繰り返しそらないように、身体の広い部分は毛の流れに沿って一気に毛をそるようにしましょう。
    また、クリームは毛の流れに逆らって塗り、寝ている毛を立たせてからそると1度の処理できれいにそることができます。

    ■VIOのムダ毛処理
    VIOのムダ毛処理は必ずシェービング用のクリームを塗るようにしましょう。シェービング用クリームの方が石けんよりも刃の滑りが良くなるのでスムーズにシェービングできます。

    また、毛をそる際は、毛の流れに沿ってT字型カミソリをゆっくりと動かします。そり終わったら、必ずすぐに化粧水やボディミルクで保湿を行います。
    また、アンダーヘアを一定の長さに揃えられるトリマーがついたカミソリも販売されているのでVラインの処理はトリマーを使うと良いでしょう。

    05
    ムダ毛処理の注意点は他にもある?

    部位別のムダ毛処理の注意点を紹介しましたが、全体的に共通するムダ毛処理の注意点もあります。

    ■生理中はムダ毛処理をしない
    生理中は女性ホルモンの影響を身体が大きく受ける時期です。そして、生理中は皮脂分泌がしやすく皮膚の状態は不安定であることが多いです。生理中の不安定な肌にカミソリの刺激を与えると肌荒れの原因になる可能性があります。
    生理中にムダ毛が気になる部位があっても必ず生理が終わって肌の調子がよくなってから、ムダ毛処理を行うようにしましょう。

    ■何度も同じ部位をそらない
    同じ部位を何度もカミソリでそると皮膚の表面を毛と一緒にそり取ってしまうことになりカミソリ負けの原因になります。カミソリ負けを防ぐためにも同じ部位を何度もそらないように気を付けましょう。

    ただし、男性は毎日の髭そりでカミソリを用いるはずです。なるべくストローク回数を減らすことを心がけましょう。刃の枚数が多い程切れ味が良いため、ストロークする回数を減らすことができ、肌への負担も軽減されます。

    ■ムダ毛処理の前はムダ毛と皮膚を温める
    ムダ毛処理の前は必ずムダ毛と皮膚を温めておきましょう。温めることでムダ毛や皮膚が柔らかくなるので冷えた状態でそるよりも肌に負担をかけずにムダ毛処理を行うことができます。

    ■ムダ毛処理の後は十分なスキンケアをする
    ムダ毛処理の後は十分なスキンケアを行いましょう。カミソリを使った後の肌はどうしても傷ついてしまいます。十分なスキンケアを行わずに放置してしまうと色素沈着や赤みやブツブツ・肌のヒリヒリといった肌トラブルが生じます。
    必ずたっぷりの化粧水やボディクリームなどを塗って保湿を行うようにしましょう。

    ■カミソリによるムダ毛処理は部位に合わせて注意しよう

    手動のカミソリは肌に直接触れてムダ毛処理を行うためどうしても肌を傷つけてしまいます。しかし、正しい方法でムダ毛処理を行い適切なケアを行えば肌トラブルを防ぐことも可能です。カミソリによるムダ毛処理は正しい方法で行うようにしましょう。

    あなたにおすすめの記事