• ハイドロ
  • ハイドロカスタム
  • カミソリ
  • 男性
  • クアトロ
  • 替刃
  • プロテクター
  • レガシー
  • ウルトラ
  • スーパーⅡ
  • インジェクター
  • その他
  • 限定製品
  • ディスポ
  • エクストリーム
  • グルーミング
  • シェービング剤
  • 洗顔
  • 女性
  • ハイドロシルク
  • ボディ
  • イントゥイション
  • イントゥイションファブ
  • ディスポ製品
  • その他製品
  • ハイドロプレミアム
  • エグザクタ
  • シェーブガード
  • クアトロ4ウーマン
  • スマートシェーブ
  • TOPシックスタイルマガジン シックスタイルマガジン for WOMEN ムダ毛処理の知識「そる」と「抜く」どっちがいいの? ムダ毛にまつわる本当の話

    Schick Style Magazine

    ムダ毛処理の知識
    パーツ別の剃り方
    ムダ毛処理の知識

    「そる」と「抜く」どっちがいいの? ムダ毛にまつわる本当の話

    「そる」と「抜く」どっちがいいの? ムダ毛にまつわる本当の話 「そる」と「抜く」どっちがいいの? ムダ毛にまつわる本当の話

    ムダ毛処理には、カミソリによる除毛、毛抜きやワックス、脱毛シートを使った脱毛の他、光やレーザーを使用する脱毛など様々な方法があります。それぞれの特徴を知って、ムダ毛処理についての理解を深めましょう。

    01
    まずはムダ毛処理の種類を知ろう!

    ムダ毛処理には色々な方法がありますが、基本的には「そる」と「抜く」に大きく分けられます。

    「そる」方法として一般によく使われているのが、カミソリによる除毛です。自宅で手軽にできる自己処理方法としておなじみですね。フェイス用、ボディ用など、除毛箇所に応じて色々なタイプがあるので、用途に合わせて揃えてもいいですね。
    ただし、肌が弱っている時には、カミソリ負けを起こす場合があり、注意が必要です。素肌に直接カミソリを当てるのではなく、肌にあったシェービング剤などを利用するとよいでしょう。

    一方「抜く」方法は、毛抜きを使うものから、脱毛サロンやクリニックで行われる光脱毛まで、色々なやり方があります。毛抜きによる脱毛は、毛抜きさえ用意すればすぐにできるのでお手軽です。

    また、ワックスや脱毛シートを使う方法では、一気に処理ができることと、根元から抜くことができるため、次の処理までの時間が長いというメリットがあります。しかし、肌の弱い人にとっては刺激が強すぎるため、肌荒れを起こす可能性があります。

    脱毛サロンやクリニックの場合には、脱毛が完了してしまえば、その後はほとんどムダ毛が生えてこなくなるので、お手入れが楽にはなりますが、何度も通う必要があり、費用も高額になってしまうというデメリットがあります。

    どの方法にもメリット・デメリットがあるため、「この方法が一番いい」と断言できるものは、残念ながらありません。ご自身の肌と相談しながら、ムダ毛処理を進めるのがいいでしょう。

    02
    誰しもが通る道!? カミソリケアを極めよう!

    カミソリによるシェービングは、ほとんどの人が経験すると言ってもよいほどスタンダードなムダ毛処理方法です。
    ほかの処理方法を取り入れている場合にも、カミソリによるケアを併用している場合が多いのではないでしょうか。自宅で簡単に、素早く広範囲を処理できるため、ムダ毛処理の基本とも言えるカミソリ。カミソリとの上手な付き合い方をマスターしておきましょう。

    ・ボディシェービングの場合

    ボディシェービングはバスタイムに行うのがおすすめです。肌とムダ毛を十分に湿らせることで、毛がやわらかくそりやすくなるためです。
    除毛の際は、キメ細かく刃の滑りをなめらかにサポートしてくれるジェルなどのシェービング剤を使うといいでしょう。
    そる時はカミソリを毛の流れる方向に沿って動かします。刃を肌に無理やり押し付けないように注意して、肌の上を滑らせるようにそるのがポイント。最後にそったムダ毛とシェービング剤をよく洗い流し、ボディの保湿も忘れずに行いましょう。

    ・フェイシャルシェービングの場合

    フェイシャルシェービンングには、「女性向けの顔用L型カミソリ」を使うのがおすすめ。そりたい箇所にシェービングジェルや乳液を塗布して刃の滑りをなめらかにし、肌への負担を減らすことが大切です。毛の生えている方向に沿ってカミソリを動かし、そる向きと反対の方向に皮膚を引っ張って平らな面を作るとそりやすくなります。お手入れ後には顔を水で洗い流すか、湿らせたコットンでやさしく拭き取り、刺激の少ない化粧水や乳液を使ってたっぷり保湿してください。

    03
    「そると毛が太くなる」は迷信!?

    カミソリのデメリットとして、「そると毛が太くなる」という話を耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか。そるたびに不安に感じている人もいるかもしれませんが、それは間違いです。

    実は自然に伸びた毛先よりも、そった後の毛の断面の面積の方が大きくなるため、毛が太くなったように見えるというのが真実なのです。これを知ってしまえば、安心してカミソリでのムダ毛処理ができますね。

    04
    肌への負担が気になるあなたに。 ハイドロシルク 敏感肌用*でやさしくそれて、肌うるおう!

    ハイドロシルク 敏感肌用*は、肌を整えるカモミール**配合のモイスチャー美容ジェル***で、そった後まで肌をうるおしてくれる、敏感肌もヒリヒリしにくい設計です。さらに、刃の1枚1枚についた独自のスキンガードが、肌への負担を減らしてくれるので、ワキやビキニラインなどのデリケートな部分にもおすすめです。

    *皮膚刺激テスト済み(全ての人に刺激がおきないというわけではありません)
    **カモミール:カミツレ花
    ***水に触れるとモイスチャーソリッド(シェービング剤)が溶け出し、ジェルになります。

    05
    やさしくそれて、仕上がりキレイ。敏感肌*用のフェイス用カミソリがオススメ!

    プレミア敏感肌*用Lディスポは、やさしくそれて、キレイな仕上がりも実現する顔のお手入れのための必須アイテムです。
    肌負担を抑えるマイクロガード付きで、肌を守るやさしさ設計。超コンパクトヘッドで細かいところもキレイにそれる、優れもの!

    *カミソリの物理的な刺激による

    あなたにおすすめの記事