Schick Style Magazine

ムダ毛処理の知識
パーツ別の剃り方
ムダ毛処理の知識

肌を傷めないムダ毛処理のやり方とは?

肌を傷めないムダ毛処理のやり方とは? 肌を傷めないムダ毛処理のやり方とは?

カミソリでムダ毛処理を行うと、肌がかゆくなったという経験をした方もいるのではないでしょうか。カミソリでムダ毛処理をするなら、なるべく肌を傷めない方法で行いたいものです。

この記事では、肌を傷めないムダ毛処理のやり方を紹介します。
ムダ毛処理の後にかゆみを感じたり、痛みを感じたりする方は、ぜひ参考にしてみてください。

01
ムダ毛処理のやり方に問題あり?かゆいと感じる時は…

カミソリでムダ毛処理をしたときにかゆいと感じてしまう原因はどこにあるのでしょうか。まずは、ムダ毛処理後にかゆみを感じる原因について紹介します。

■そった後の毛先が尖ってチクチクする
カミソリでムダ毛処理を行った後、ムダ毛の毛先は尖っています。そのため、その毛が伸び始めてくると、硬く尖った毛先がチクチクとかゆく感じるられるようになります。

■何度も同じ部位をムダ毛処理している
何度も同じ部位をムダ毛処理していると、肌のかゆみの原因になります。
カミソリは皮膚の表面を削り取ってしまうため、皮膚のバリア機能が低下し、肌が乾燥したり、かゆみを生じやすくなったりします

■ムダ毛処理で肌を傷つけてしまう
カミソリでムダ毛処理をすると、カミソリの刃が直接肌に触れることで、肌の表面を一緒に削り、小さな傷をつけてしまいます。小さな傷口から細菌が侵入してしまうと、炎症を引き起こしてしまい、かゆみの原因になってしまいます。
炎症が治まらないままムダ毛処理を繰り返すと、かゆみが悪化し、化膿してしまう可能性もあるため注意が必要です。

■ムダ毛処理後のケアが足りない
ムダ毛処理後のケアが十分でないことも、かゆみを生じる原因となります。ムダ毛処理後のケアが不十分の場合、肌がかさついて炎症を引き起こしやすくなり、かゆみを感じやすくなります。ムダ毛処理後は皮膚のバリア機能が低下しているので、必ず適切なスキンケアを行いましょう

02
ムダ毛処理の正しいやり方は?

カミソリによるムダ毛処理では、かゆみが生じたり、肌を傷つけてしまったりすることがあります。ここでは、肌を傷つけないムダ毛処理のやり方を紹介します。ムダ毛処理の正しい方法ができているか、チェックしていきましょう。


■ムダ毛処理の頻度
肌の角質層の再生には2週間程度かかると言われているため、ムダ毛処理の頻度は2週間に1度を目安とすると良いでしょう。短期間のうちに何度も同じ部位をムダ毛処理してしまうと、肌の角質層が再生しきれず、肌を傷つける原因となります。

肌が傷ついてしまうと肌トラブルを生じる原因となるため、ムダ毛処理は極力、2週間に1度の頻度で行うようにしましょう


■ムダ毛処理に使うカミソリの選び方
ムダ毛処理に使うカミソリを選ぶ際は、5枚刃などカミソリの刃の数が多いものを選ぶと、肌を傷つけにくくなります。刃の数が多くなる程、肌にかかる圧力が分散されるため、肌の負担が少なくなるのです

また、もともと肌や弱い方であれば、敏感肌用のカミソリを選ぶようにしましょう。ソープ付きやジェル付きなど、敏感肌の方に向けた設計のカミソリも多く販売されています。


■ムダ毛処理の正しい流れ
肌を傷めないムダ毛処理をするには、正しいムダ毛処理の流れをマスターする必要があります。以下では、ムダ毛処理の正しい流れを簡単に紹介します。

■肌を温めておく
ムダ毛処理をする前には、必ず肌を温めておきましょう。あらかじめ、肌を温めておくと皮膚と毛が柔らかくなるためカミソリが滑りやすくなり、肌の負担を軽減できます

入浴中にムダ毛処理をしようとする方もいますが、お風呂場は細菌が繁殖しやすいため、カミソリで傷ができると炎症を引き起こしかねません。極力入浴中のムダ毛処理は避け、入浴後にムダ毛処理を行うようにしましょう。ホットタオルを利用するのもおすすめです

■シェービング剤で肌を守る
肌を傷めないためには、シェービング剤をしっかりと塗って肌を守りましょう
シェービング剤を塗ることで、肌とカミソリの間のクッションとなり、肌を優しく守ってくれます。

■毛の流れに沿って優しくそる
カミソリでムダ毛処理を行う際は、ムダ毛の流れに沿ってそることで、肌の負担を少なくすることができます。また、カミソリを持つ手に力を入れてしまうと、肌に圧を与えて負担をかけてしまうので注意が必要です。
手元が狂って肌を傷つけてしまうことがないように、毛の流れに沿って優しくそるようにしましょう

■そり残しが気になるときは逆ぞりに
肌に負担をかけないそり方をすると、人によってはそり残しが気になる部分も出てくるでしょう。そり残しが気になる場合は、そり残しの気になる部分だけを逆ぞりするようにしましょう。
逆ぞりはムダ毛が生えている方向に逆らってそる方法で、肌に負担をかけてしまいますが、そり残し部分を綺麗にそることができます。
逆ぞりするときは、少な目のストロークで優しくサッとそるのがおすすめです


■深そりするときは片手を添えて
カミソリで深ぞりをするときは、片手を添えてムダ毛処理を行いましょう。カミソリを持っていない方の手を使ってカミソリでそる向きとは反対方向に皮膚を引っ張ることで、ムダ毛が立ちやすくなり、深ぞりすることができます。

■ムダ毛処理後はたっぷりと保湿
肌を痛めないためにも、ムダ毛処理後はたっぷりと保湿を行いましょう。十分なケアを行わなかった場合、カミソリ負けなどの肌トラブルを生じやすくなります。かゆみや炎症の原因となってしまうため、必ず化粧水やボディミルクなど、自分の肌に合ったスキンケア用品で、ムダ毛処理後の肌を労わるようにしてください。

03
ムダ毛処理におすすめのカミソリは?

カミソリでのムダ毛処理は、肌を傷つけてしまう可能性があります。
そこで、肌を極力傷つけたくない方におすすめのカミソリの選び方を紹介します

■肌に優しいタイプのカミソリ
カミソリでムダ毛処理を行うのであれば、肌に優しいタイプのカミソリを選ぶようにしましょう。敏感肌用のカミソリであれば、肌が弱い方向けの設計がされているため、肌の負担を軽減することができます
また、ソープ付きのカミソリを利用すると、肌に直接カミソリの刃を当てた場合であってもソープが潤滑剤となるため、肌への負担を軽減することができます。

■ムダ毛処理する部位で使うカミソリを変える
肌を極力傷つけたくない方は、ムダ毛処理をする部位によって使うカミソリを替えるようにしましょう。T字型のカミソリはムダ毛がそりやすく、男性の髭そりや女性のボディのムダ毛処理に向いています。L字型のカミソリはそる部分が見やすいカミソリのため、繊細なシェービングを行う顔の産毛そりや眉毛のケアなどに役立ちます

部位別にカミソリを選ぶことで、肌を傷つけるリスクが抑えられるため、ムダ毛処理をする場合は、部位別でカミソリを使い分けましょう。


ムダ毛処理後はカミソリのお手入れも
カミソリでムダ毛処理をすると、そったムダ毛が刃に絡みつきます。そのため、カミソリによるムダ毛処理の後は、必ずカミソリのお手入れをしてください。
ムダ毛によって刃が目詰まりしてしまうとそり残しが多くなり、何度もストロークをしなければならず、肌に負担をかけてしまいます。流水や溜め洗いで簡単に毛を洗い流すことができるカミソリであれば、ムダ毛で刃が目詰まりせず、衛生的です。ぜひお手入れがしやすいカミソリを選びましょう。

04
カミソリの交換時期

カミソリや替刃は定期的に交換を行いましょう。同じカミソリや刃を使っていると、刃が摩耗して切れ味が悪くなります。切れ味の悪いカミソリを使って肌を傷つけてしまうと、肌トラブルが起こりやすくなります。

カミソリは10回程度の使用(または2週間程度)を目安に交換していきたいところです。
ただし、替刃が高いと交換を渋ってしまい切れ味の悪いカミソリのまま使用してしまう方もいます。自分に合ったコスパの良いカミソリや替刃を選び、交換目安時期に合わせて刃を交換しましょう。

05
ムダ毛処理のやり方が肝心!肌を傷めないカミソリを使おう

カミソリでのムダ毛処理は非常に簡単に行うことができます。しかし、簡単にできるムダ毛処理だからと適当なやり方でムダ毛処理をしていると、かゆみを生じたり、痛みが出てきたり肌トラブルの原因になりかねません。ムダ毛処理は必ず、正しいやり方で行っていきましょう。

RECOMMEND
おすすめアイテム

あなたにおすすめの記事