• ハイドロ
  • ハイドロカスタム
  • カミソリ
  • 男性
  • クアトロ
  • 替刃
  • プロテクター
  • レガシー
  • ウルトラ
  • スーパーⅡ
  • インジェクター
  • その他
  • 限定製品
  • ディスポ
  • エクストリーム
  • グルーミング
  • シェービング剤
  • 洗顔
  • 女性
  • ハイドロシルク
  • ボディ
  • イントゥイション
  • イントゥイションファブ
  • ディスポ製品
  • その他製品
  • ハイドロプレミアム
  • エグザクタ
  • シェーブガード
  • クアトロ4ウーマン
  • スマートシェーブ
  • Schick Style Magazine

    髭の剃り方・整え方
    髭の剃り方・整え方

    男性にもムダ毛処理をおすすめする理由

    男性にもムダ毛処理をおすすめする理由 男性にもムダ毛処理をおすすめする理由

    男性の美容意識が高まる近年、「男性でも体毛を処理に興味がある」という声も増えつつあります。
    今までムダ毛の処理をしてこなかった男性からすれば、ムダ毛処理の必要性が実感できないかもしれません。
    ただ、男性のムダ毛処理を求める声には、しっかりとした理由があるのです。
    この記事では、男性もムダ毛処理をおすすめする理由について詳しく解説します。

    01
    ムダ毛処理をしていない男性はどれくらい?

    従来、男性がムダ毛を処理するのは特殊なこととして認識されていましたが、近年では男子も体毛を処理していいと思う人も増えてきたようです。

    一方で、実際にムダ毛処理をしているかどうかは別の話のようです。
    2020年11月に行われた「ハイドロボディグルーマーに関する調査※」によると、体毛(ひげ・眉毛は除く)を実際に処理している人は約31%。つまり「ムダ毛は処理してもいいと思うが、自分はできていない」という方が多いことが分かります。

    ※引用元:「ハイドロボディグルーマーに関する調査 調査報告書」

    02
    男性にムダ毛処理をおすすめしたい理由

    まだムダ毛処理をしていない男性は、なぜムダ毛処理がおすすめなのかを理解しましょう。以下では、男性にムダ毛処理をおすすめしたい理由を解説します。

    清潔感があるように見える

    同じ体の部位を見比べたとき、毛がボーボーに生えた状態よりしっかり処理されているほうが清潔に見えます。
    男女問わず清潔感がある方は好印象を持たれやすい傾向にあります。

    触り心地がツルツルになる

    毛を処理すると、肌がしっかり見えて触り心地もツルツルに。
    好みにもよりますが、このツルツル感が心地よいという人も多いようです。ただすべての部位をツルツルにすれば良いというわけではありません。詳しくは後述しますが、体の部位によってはツルツルにしすぎないほうが良い場合もあるので、注意が必要です。

    夏場にムダ毛のはみ出しが無くなる

    夏場はどうしても薄着になり、うっかり服の裾や衿からムダ毛が見えてしまう可能性は大いにあります。
    しっかりムダ毛を処理しておけば、夏場でもはみ出しを気にすることなく過ごせるでしょう。

    03
    男性のムダ毛処理はツルツルにしないほうが良い場所もある

     

    ムダ毛が生えている肌よりも、ツルツルの肌のほうが触り心地がよかったり清潔感があるように見られたりと、メリットは多いです。

    しかし、場所によっては、ツルツルにするほうが良くない場合や、周りからの印象を逆に下げてしまう場合もあります。
    次に紹介する場所は、あまりツルツルにしないほうが良いと考えられています。

    鼻毛の処理しすぎはNG!

    鼻毛には、ほこりや粉塵、病原体などが体内に侵入するのを防ぐフィルターのような役割や、鼻の穴の中の湿度や温度を一定に保って粘膜を守る役割、匂いを感じとる役割があります。

    鼻毛の役割によって、感染症から身を守ることができ、鼻本来の機能を用いることができるのです。
    もし、鼻毛を抜いてしまうとそれらの役割を果たすことができません。

    また鼻毛を抜くと、鼻の中の粘膜に傷がつき炎症を起こします。炎症を起こした部分は皮膚が乾燥しやすくなり、感染リスクを上げてしまうのです。

    鼻毛が無いことで、本来の役割であるフィルター機能が果たせなくなり、ほこりや粉塵、病原体などを体内に侵入させてしまいます。

    つまり、鼻毛を抜くことは、最悪の場合、体に支障をきたすことになるのです。
    鼻毛が気になった場合は、抜くのではなくはみ出ださない程度の長さまでカットしてあげるようにしましょう。そうすることで鼻毛本来の役割を奪うリスクは軽減できます。

    アンダーヘアはバランスが大事

    普段人に見られる場所ではないものの、やはり気になるのがアンダーヘア。
    気になるムダ毛部位のアンケート※では、ひげ・眉毛の次に気になるのが「お腹・へそ周り(約30%)」「太もも・ひざ・すね(約25%)」「アンダーヘア(約23%)」という結果になっています。

    しかし、アンダーヘアをツルツルにし過ぎてしまうのも考えものです。長さを整え、清潔感がある量を残しておくのはいかがでしょうか。

    ※引用元:「ハイドロボディグルーマーに関する調査 調査報告書」

    04
    男性にムダ毛処理して欲しい部位とは

    では実際に、どこのムダ毛が気になるのでしょうか。
    まだ処理できていない部位が当てはまっていないか見ていきましょう。

    オシャレに整えられていなかったり、無精髭を蓄えていたりする場合は、周りからの印象は悪くなります。マスクで隠れるからとはいえ、無精髭は避け、整えることをお勧めします。
    髭を生やすなら、「きれいに整える」「整えられないのであれば生やすのをやめる」のどちらかにしたほうが良いでしょう。

    胸毛

    胸毛をしっかり処理していないと困るのは夏場です。
    海やプールの予定がなかったとしても、暑さで薄着になる時期は、処理していない胸毛が、胸元の開きからはみ出ていることもあります。

    また、前かがみになったときに見えてしまうムダ毛も女性によっては印象が良くないため、こちらも定期的に整えておきましょう。

    鼻毛

    上述したように、鼻毛を処理しすぎるのは好ましくありません。しかし、放置しすぎるのもチケット違反の可能性も。日頃から鏡を見てチェックしておきましょう。

    臍毛(へそげ)

    臍毛で好ましくないのが、胸毛やアンダーヘアとつながってしまっていることです。
    すべてつながっていると清潔感がないと感じる方も多いようです。
    胸毛を処理する際には同時に、臍毛も一緒に処理しておきましょう。

    すね毛

    夏場は短パンを履く機会が増えるため、清潔感があるように見られたいのであれば。定期的にすね毛を処理することも選択肢のひとつではないでしょうか。まずは毛量を調節することから始めてみてはいかがでしょうか。

    男性の美容への意識が高まりつつあるものの、何から始めたら良いのか分からない方も多いようです。
    そんな男性は、ムダ毛処理から始めてみてはいかがでしょうか。
    眉毛の形やすね毛の量を整えるだけでも外見はがらりと変わります。ぜひこの記事を参考にムダ毛処理を始めてみてください。

    あなたにおすすめの記事