• ハイドロ
  • ハイドロカスタム
  • カミソリ
  • 男性
  • クアトロ
  • 替刃
  • プロテクター
  • レガシー
  • ウルトラ
  • スーパーⅡ
  • インジェクター
  • その他
  • 限定製品
  • ディスポ
  • エクストリーム
  • グルーミング
  • シェービング剤
  • 洗顔
  • 女性
  • ハイドロシルク
  • ボディ
  • イントゥイション
  • イントゥイションファブ
  • ディスポ製品
  • その他製品
  • ハイドロプレミアム
  • エグザクタ
  • シェーブガード
  • クアトロ4ウーマン
  • スマートシェーブ
  • TOPシックスタイルマガジン シックスタイルマガジン for WOMEN ムダ毛処理の知識女性必見!カミソリと合わせて買うべきシェービング剤

    Schick Style Magazine

    ムダ毛処理の知識
    パーツ別の剃り方
    ムダ毛処理の知識

    女性必見!カミソリと合わせて買うべきシェービング剤

    女性必見!カミソリと合わせて買うべきシェービング剤 女性必見!カミソリと合わせて買うべきシェービング剤

    最近では、電動シェーバーやエステ脱毛・医療脱毛などムダ毛処理の方法は多岐にわたっています。
    その中でもカミソリで行う自己処理は古典的であるように思えますが、サロンやクリニックに通う必要もない分、圧倒的に安価であることと、電気シェーバーよりも深ぞりできるというメリットがあります。

    カミソリでムダ毛をそる際に、シェービング剤を使用して、やり方に十分に注意すれば女性にとって大切な肌を傷つけることも少なく、手軽にムダ毛処理が可能す。 ドラッグストアやスーパーにはさまざまな種類のシェービング剤があり、一体何を購入すればいいのか迷ってしまう方もいると思います。

    この記事では、カミソリと合わせて買うのにおすすめのシェービング剤を紹介します。

    01
    カミソリでムダ毛処理をするときのシェービング剤の役割とは?

    シェービング剤を使わずにカミソリを肌に当ててドライシェービング(シェービングの際に水やシェービング剤などを使用せずに行うこと)を行うと、肌に痒みや痛みが出たり、ひどいときには出血する、いわゆる「カミソリ負け」を起こしてしまうことがあります。

    ドライシェービングに対し、水やシェービング剤を用いたシェービングをウェットシェービングと言います。
    カミソリ負けの他に色素沈着などのリスクも避けるため、カミソリを使う際にはドライシェービングではなくシェービング剤を用いたウェットシェービングがおすすめです。

    ドライシェービングにはリスクがあるということを理解していても、シェービング剤に一体どんな役割があるのか疑問に思う方もいるかもしれません。
    次に、シェービング剤の持つ具体的な役割について詳しく説明します。

    カミソリによる肌荒れを防ぐ

    シェービング剤にはカミソリ刃の刺激を和らげて肌トラブルを防ぐ役割があります。シェービング剤なしで自己処理をすることで肌に赤みが出てしまったり肌荒れを起こしてしまう可能性があります。
    これでは、肌をキレイに清潔に見せるためにシェービングを行うはずが本末転倒です。

    カミソリの摩擦を少なくしてスムーズなシェービングを促す

    シェービング剤には肌への負担を減らすという役割以外に、カミソリを肌に当ててずべらせるときの摩擦を減らす役割もあります。
    特にデリケートゾーンなどの比較的太いムダ毛を処理する際の引っかかりを防ぎ、結果的に肌への負担を減らすことができます。

    カミソリはムダ毛に引っかかりやすいため、カミソリを用いる以外のムダ毛処理の方法に劣ると考える方もいるかもしれません。
    しかし、シェービング剤を使うことで、ムダ毛に引っかかるというデメリットを簡単に解消してくれます。

    シェービング剤には女性にとって嬉しい効果も!

    シェービング剤の持つ役割は、上記にあげたような「肌トラブルを防ぐ」という役割にとどまりません。
    シェービング剤を肌に塗布することでムダ毛を柔らかくする効果もあり、美容成分が含まれるものもあるためムダ毛処理に加え保湿等の美容効果が期待できます。

    上記にあげたように、シェービング剤を用いたムダ毛処理にはさまざまな利点があるため、シェービング剤の使用がおすすめです。

    02
    女性がカミソリのムダ毛処理で使うシェービング剤の種類は?

    一口にシェービング剤とは言ってもその種類はさまざまです。
    フォームタイプとジェルタイプが主流ですが、その他にもクリーム状やジェルなども出回っています。

    それぞれのタイプにメリットや強みがあるので、肌のタイプや用途に合わせて使い分けすると良いでしょう。

    具体的に、それぞれのシェービング剤の特徴を紹介します。

    フォームタイプ

    最もメジャーなシェービング剤の1つとも言えるフォームタイプのシェービング剤の特徴は、包み込むような使用感ではないでしょうか。
    デメリットとしては、泡状であるためムダ毛処理を行う部分が見えにくいという点です。フォームタイプのシェービング剤を使うときには、ケガをしないよう細心の注意をはらいましょう。

    ジェルタイプ

    フォームタイプと同様に人気のあるジェルタイプのシェービング剤は、基本的に液体が透明であるため、ムダ毛処理する箇所が見えやすくシェービングが楽になるというのが大きな特徴と言えます。

    クリームタイプ

    クリームタイプのシェービング剤は比較的固めのテクスチャー(質感)のため、使用する際に水を加えて伸ばして使うという方法もあり、また、女性にとって嬉しいことに、美容成分が含まれている製品が多い点も特徴です。

    03
    カミソリと一緒に使う女性におすすめのシェービング剤

    さまざまなタイプのシェービング剤について説明しましたが、それぞれのタイプのシェービング剤によって期待できる効果が違うため、その日の肌の状態によって使い分けると良いでしょう。

    しかし、ドラッグストアやバラエティショップには豊富な種類のシェービング剤があり、何を使うべきか迷う方もいるかもしれません。
    次に、特におすすめするシェービング剤を2つ紹介します。

    Schick クアトロ4フォーウーマン シェービングジェル

    1つ目は、カミソリやシェービング剤などの商品を多数展開しているSchickのシェービング剤、「クアトロ4フォーウーマン シェービングジェル」です。
    価格が非常に安価のため、カミソリ初心者でも気軽にチャレンジしやすいでしょう。

    クアトロ4フォーウーマン シェービングジェルはジェル状のシェービング剤です。カミソリ刃のすべりをなめらかにすることで、刺激を和らげ肌を守る特徴があります。
    また、肌の成分に近いシルク成分や、保湿成分としてアロエエキスが配合されているため、肌を整えながらシェービングを行うことが可能です。

    Schick ハイドロシルク シェービングジェル

    2つ目は、同じくSchickのシェービング剤、「ハイドロシルク シェービングジェル」です。

    ハイドロシルク シェービングジェルは、敏感肌の方向け*¹のジェルタイプのシェービング剤です。
    ムダ毛を柔らかくする効果があるため、スムーズにシェービングすることができます。

    また、うるおい成分であるWヒアルロン酸が配合されていることもハイドロシルク シェービングジェルの特徴の1つです。
    シェービングをした後はどうしても肌がざらついたりつっぱったりしがちですが、Wヒアルロン酸が配合され、うるおいを維持し、シェービング後もつるつるとした肌の仕上がりが期待できます。

    *¹ 皮膚刺激テスト済(全ての人に刺激がおきないというわけではありません)

    04
    カミソリとシェービング剤の組み合わせでムダ毛処理を快適に

    カミソリでのシェービングは肌のトラブルが起きやすいのではないか、というイメージを持っている方も少なくはないと思います。
    しかし、クアトロ4フォーウーマン シェービングジェルやハイドロシルク シェービングジェルを使ってカミソリでムダ毛処理を行うことで、肌にうるおいを与えるなどの美容効果も期待できます。

    1,000円以下で購入できる商品のため、カミソリでの処理が初めての方も気軽にトライできます。 シェービング剤を利用して、さらにキレイな肌を目指しましょう。

    あなたにおすすめの記事