• ハイドロ
  • ハイドロカスタム
  • カミソリ
  • 男性
  • クアトロ
  • 替刃
  • プロテクター
  • レガシー
  • ウルトラ
  • スーパーⅡ
  • インジェクター
  • その他
  • 限定製品
  • ディスポ
  • エクストリーム
  • グルーミング
  • シェービング剤
  • 洗顔
  • 女性
  • ハイドロシルク
  • ボディ
  • イントゥイション
  • イントゥイションファブ
  • ディスポ製品
  • その他製品
  • ハイドロプレミアム
  • エグザクタ
  • シェーブガード
  • クアトロ4ウーマン
  • スマートシェーブ
  • Schick Style Magazine

    ムダ毛処理の知識
    パーツ別の剃り方
    ムダ毛処理の知識

    女性の悩みであるムダ毛処理を手軽にするには

    女性の悩みであるムダ毛処理を手軽にするには 女性の悩みであるムダ毛処理を手軽にするには

    ムダ毛をケアしている女性の肌は瑞々しさがあります。しかしムダ毛処理は手間がかかるだけでなく、正しいやり方が分からないと悩む女性もいるでしょう。

    そんな女性必見の正しいムダ毛処理を紹介します。今日から始められるムダ毛処理を実践して瑞々しい肌を手に入れましょう。

    01
    女性のムダ毛処理はカミソリが多い?

    クリニックやサロンでの脱毛、カミソリ、毛抜き、除毛クリームなど、ムダ毛処理にはさまざまな方法があります。
    そのなかでも女性のムダ毛処理の方法のアンケートでは、カミソリを使っていると答える女性が多いようです。

    ムダ毛処理と一緒に角質もケアできる

    カミソリを使ってムダ毛を処理するとき、実は肌表面の古い角質も一緒に取ることができます。しかし、力任せにカミソリの刃を肌にあてるのは良くありません。カミソリの刃を肌表面ですべらせて古い角質を取り除きます。

    古い角質がなくなり、顔の産毛をそったときに肌の印象がワントーン明るく見えます。ムダ毛処理と一緒に角質ケアもできるため、古いカミソリやそり心地の悪いカミソリは控えましょう。

    02
    女性のムダ毛処理で注意すべきこと

    カミソリを使ってムダ毛処理をする場合、いくつか注意点を抑えておかなければなりません。何に気を付けたら良いのか事前に確認しておきましょう。

    日焼けしたあとや生理中にムダ毛処理をしない

    絶対にダメではありませんが、日焼けした肌や生理中の肌はとてもデリケートになっています。外的刺激に敏感な状態なので、カミソリでムダ毛処理をすると肌トラブルが起こりかねません。肌を健康な状態で維持するためにも、日焼けしたあとや生理中のムダ毛処理は控えることをおすすめします。

    乾いた肌にカミソリの刃をすべらせない

    早くムダ毛処理をしたいがために乾いた肌にカミソリの刃をすべらせるのはやめましょう。カミソリの刃がムダ毛に引っかかりムダ毛が引っ張られてそりにくいだけでなく、肌表面を傷つけてしまいます。

    お風呂に入って肌が濡れた状態でカミソリを使うのが理想ですが、どうしてもお風呂に入れない場合は蒸しタオルなどを使って肌を温めてムダ毛もしっかり濡らしておけば、カミソリの刃による摩擦を最小限にできます。

    ムダ毛の生え方に逆らわない

    根こそぎしっかりムダ毛処理をしたいからといって、ムダ毛の生え方に逆らってカミソリの刃をすべらせるのはやめましょう。

    見た目はすっきりムダ毛処理できたように見えますが、毛穴の中に残ったムダ毛が入り込んで、埋没毛となってしまいます。毛穴のトラブルを引き起こす要因になるため、カミソリを使ってムダ毛処理をする場合は、毛の生え方に逆らわずそるようにしましょう。

    ムダ毛処理の間隔をあける

    カミソリを使ってムダ毛処理をすると肌に負担をかけるため、可能な範囲で日を置いてから次のムダ毛処理を行ってください。

    03
    女性のムダ毛処理の方法は?

    カミソリを使って自宅で簡単に体のムダ毛処理をする方法を紹介します。ムダ毛に悩む女性はぜひ試してみてください。

    脚や腕などそりやすい部位

    少しサイズの大きいカミソリを使うことで、広い範囲でも手間をかけずにムダ毛処理をすることが可能です。

    肌やムダ毛を濡らす、もしくはムダ毛処理専用のシェービング剤などを使って肌を保護します。次にカミソリの刃をムダ毛の生えている方向へなでるようにすべらせます。このとき、力の入れ過ぎには注意しましょう。肌の表面を傷つけてしまいます。

    力を入れなければそれない場合は、カミソリの刃が古くなっているか、もともとそりにくいカミソリの可能性があるため、軽くなでてもそれるものに買い替えましょう。

    脇や肘膝などのそりにくい部位

    そる部位を濡らすなどしてムダ毛を柔らかい状態にしておきます。特に脇のムダ毛は他の部位に比べて太いので、しっかり濡らしておきましょう。シェービング剤やジェルなどを塗ると処理しやすくなります。

    脇の下をそるときは、脇の皮膚を伸ばすようなイメージで腕をしっかりあげてください。これによりそりやすくなり、そり残しを減らすことができます。
    肘や膝などの関節は、曲げてからそるようにしましょう。関節をまげて皮膚をしっかり伸ばすことでムダ毛をしっかりそることが可能です。

    04
    女性が顔のムダ毛処理をするメリット

    女性にとって顔の産毛も悩みの種でしょう。
    顔の産毛のムダ毛処理を処理することで一番分かりやすいメリットは、顔のトーンが明るく見え、くすみのない印象を与えることです。くすみがないと瑞々しい肌に見えるので、元気な印象を作ることができます。

    また、産毛がなくなるとメイクのノリも良くなるので、メイク崩れが起きにくくなります。夏は汗、冬は乾燥によってメイクが崩れやすいので、産毛の処理することでその悩みを最小限にとどめることができます。

    女性の顔のムダ毛処理とスキンケアは関係性がある

    顔のムダ毛処理をしたとき、ムダ毛と一緒に肌表面の古い角質もキレイにとれるので、光の乱反射が抑えられ、肌に透明感が生まれます。つやつやした肌に仕上がるので、ナチュラルメイクで薄化粧でも自信を持つことができるでしょう。

    古い角質がなくなった肌は美容成分が浸透しやすくなるので、スキンケアの効果を高めるためにも産毛処理はおすすめです。

    顔のムダ毛処理をするなら、フェイス用のカミソリを1つ用意しておくこと良いでしょう。細かい部分のムダ毛をしっかり処理するために、ヘッドが小ぶりなタイプを選んでみてはいかがでしょうか。

    05
    正しいムダ毛処理で女性ならではの悩みを解決しよう

    ムダ毛処理で肌が傷付くと、さまざまな肌へのトラブルが起こってしまいます。 そのためムダ毛処理をするときには、処理後の保湿だけでなく処理前から肌を温めておくなど準備をすることが大切です。 顔の産毛がなくなるとメイクのノリも良くなるなど女性にはメリットがあるので、適切な方法を理解したうえでムダ毛処理をしてください。

    あなたにおすすめの記事