• ハイドロ
  • ハイドロカスタム
  • カミソリ
  • 男性
  • クアトロ
  • 替刃
  • プロテクター
  • レガシー
  • ウルトラ
  • スーパーⅡ
  • インジェクター
  • その他
  • 限定製品
  • ディスポ
  • エクストリーム
  • グルーミング
  • シェービング剤
  • 洗顔
  • 女性
  • ハイドロシルク
  • ボディ
  • イントゥイション
  • イントゥイションファブ
  • ディスポ製品
  • その他製品
  • ハイドロプレミアム
  • エグザクタ
  • シェーブガード
  • クアトロ4ウーマン
  • スマートシェーブ
  • TOPシックスタイルマガジン シックスタイルマガジン for WOMEN ムダ毛処理の知識おすすめのムダ毛の処理方法は?カミソリは本当におすすめ?

    Schick Style Magazine

    ムダ毛処理の知識
    パーツ別の剃り方
    ムダ毛処理の知識

    おすすめのムダ毛の処理方法は?カミソリは本当におすすめ?

    おすすめのムダ毛の処理方法は?カミソリは本当におすすめ? おすすめのムダ毛の処理方法は?カミソリは本当におすすめ?

    ムダ毛が気になる季節になると、どのような方法でムダ毛処理を行うべきか悩まれる方もいるのではないでしょうか。ムダ毛処理の方法は人によって向き不向きがあります。

    この記事では、おすすめのムダ毛の処理方法について紹介します。ムダ毛処理の方法で悩まれている方は、ぜひチェックしてみてください。

    01
    ムダ毛処理の方法にはどんなものがある?

    簡単に自宅で行うことができるムダ毛処理の方法には、どのようなものがあるのでしょうか。まずはムダ毛処理の方法について、メリット・デメリットを踏まえてご紹介します。


    ① 毛を抜くタイプのムダ毛処理

    ムダ毛処理の方法として、毛を抜くタイプのムダ毛処理があります。毛抜き、脱毛テープ、脱毛ワックスが毛を抜くタイプのムダ毛処理に該当します。

    ■毛抜き
    毛抜きによるムダ毛処理は、毛が生えている方向に沿って毛を根本から1本ずつ抜いていく方法です。皮膚を抑えながらムダ毛の根本を挟んで抜くと、ムダ毛を綺麗に抜くことができます。

    毛抜きのメリット・デメリットは以下の通りです。

    <毛抜きのメリット>
    ・どんな場所でも手軽に使用できる
    ・根本から毛を抜くので、毛のない状態が長持ちする
    ・一度購入すれば、ずっと使うことができる

    <毛抜きのデメリット
    ・毛を無理やり抜くため、痛みが強い
    ・肌や毛穴へのダメージが強く、肌トラブルが増える
    ・皮膚を巻き込みやすく、ケガをする可能性がある
    ・利き腕以外では使いにくい
    ・処理するのに時間がかかる

    毛抜きは手軽に利用できる反面、自宅で行えるムダ毛処理の中でも特に肌と毛穴に負担をかける方法とも言われています。

    ■脱毛テープ
    脱毛テープは平らな形状をしており、ムダ毛が気になる部分に貼り、一気に剥がすことで毛を抜くことが可能です。
    脱毛テープのメリット・デメリットは以下の通りです。

    <脱毛テープのメリット>
    ・思い立ったときに、すぐに脱毛できる
    ・低価格でムダ毛処理を行える
    ・ムダ毛処理の時間がかからない
    ・根元から抜けるため、毛のない状態がキープしやすい

    <脱毛テープのデメリット>
    ・毛を一気に抜くため、痛みが強い
    ・肌や毛穴への刺激が強く、肌トラブルになりやすい
    ・肌ダメージが強く、頻回で行えない
    ・皮膚が薄い部分は、テープを剥がす際に出血することがある
    ・VIOや顔部分の脱毛はできない

    粘着テープはなるべく肌に負担がかからないように作られていますが、毛を無理やり抜くため、肌や毛穴に与えるダメージが強いです。

    ■脱毛ワックス
    脱毛ワックスは塗布したワックスをしばらく放置し、ムダ毛を剥がし取っていく方法です。
    脱毛ワックスのメリット・デメリットは以下の通りです。

    <脱毛ワックスのメリット>
    ・根元から抜くため、ツルツルの状態が長持ちする
    ・古い角質まで一緒に取ることができる
    ・比較的、安価で購入することができる

    <脱毛ワックスのデメリット>
    ・肌や毛穴へのダメージが大きく、頻繁に行えない
    ・やや手間がかかる
    ・放置時間があるため、脇などは手を挙げておくのがつらい
    ・塗りムラや太い毛までは綺麗に処理できない
    ・においが強いことがある
    ・ムダ毛の長さが1㎝以上ないと行えない

    他の毛を抜くムダ毛処理方法と同様に肌や毛穴へのダメージが強いため、頻繁に処理をすることができません。

    ② 毛をそるタイプのムダ毛処理

    次に、毛をそるタイプのムダ毛処理方法を紹介します。毛をそるタイプのムダ毛処理としては、手動のカミソリと電気シェーバーがあります。

    ■カミソリ(T字・L字)
    手頃な値段で購入することができるカミソリは、直接肌に刃を当てて、肌表面の毛をそっていく方法です。簡単に処理をすることができるため、最も一般的なムダ毛処理方法と言えるでしょう。

    カミソリのメリット・デメリットは以下の通りです。

    <カミソリのメリット>
    ・安価で手軽に手に入り、コスパが良い
    ・種類が豊富で、部位別に使い分けることができる
    ・短時間でムダ毛処理ができる
    ・小回りが利きやすく、簡単にキレイになる
    ・力を入れずにできるため、痛くない

    <カミソリのデメリット>
    ・表面の毛しかそれないので、すぐに毛が生えてくる
    ・スキンケアを怠ると肌トラブルが起こりやすい
    ・毛が伸びてくるとザラザラ、チクチクしてしまう

    カミソリは短時間でムダ毛処理ができ、コスパも良いムダ毛処理方法です。正しいお手入れをすると、肌トラブルは最小限に抑えることができます。

    ■電気シェーバー
    電気シェーバーは肌に当てずに毛をそるため、肌を傷つけにくいムダ毛処理方法となります。
    そんな電気シェーバーのメリット・デメリットは以下の通りとなります。

    <電気シェーバーのメリット>
    ・肌を傷つけにくく、肌ダメージが少ない
    ・どこでもムダ毛処理をすることができる

    <電気シェーバーのデメリット>
    ・肌に直接触れないため、カミソリに比べるとツルツルの状態にならない
    ・シェーバーの手入れが必要
    ・手入れを怠ると、細菌が繁殖して不衛生
    ・機器の値段が高い

    電気シェーバーは肌への負担は少ないですが、価格が他の脱毛方法に比べると高価になります。

    02
    ムダ毛処理にはカミソリがおすすめ!

    ムダ毛処理にはさまざまな方法がありますが、ここでは最も一般的なカミソリを使ったムダ毛処理について、おすすめな理由をご紹介します。

    ■自宅で手軽にムダ毛処理できる
    カミソリはドラッグストアやスーパー、コンビニなどどこでも簡単に手に入り、自宅で手軽にムダ毛処理ができます。カミソリでのムダ毛処理には時間がかからず、痛みもないため、続けやすいムダ毛処理方法です。

    ■部位別に種類が豊富
    カミソリは部位別に使い分けられる程、種類が豊富です。肌に合わせたカミソリが販売されているため、顔や脇などそりにくい場所も綺麗にムダ毛を処理することができます。

    ■コスパが良い
    カミソリ本体だけではなく、替刃も安いため、カミソリはコスパが良いムダ毛処理方法です。使い捨てのカミソリも安価で手に入ります。
    また、コスパが良いため、切れ味が悪くなったり、衛生面が気になったりするとすぐに交換することができます。

    ■機能性が高い
    カミソリは肌を守るソープやジェル付きの機能性が高いものが多いです。また、首振りヘッド機能が付いたカミソリでは、可動域が広がるため、カーブを描く脱毛しにくい場所でも綺麗にムダ毛処理を行うことができます。

    03
    カミソリでムダ毛処理をする際におすすめの方法は?

    次に、カミソリでムダ毛処理をする際におすすめの方法を紹介します。正しい方法でムダ毛処理を行えば、カミソリによる肌トラブルを最小限に抑えることができます。


    ■カミソリを正しい方法で使う
    カミソリを持つ手には力を入れずに優しく、自分の毛の流れに沿ってムダ毛処理を行いましょう。そる際はクリームを使って行うことで、肌のダメージを減らすことができます。

    他にも、そるときはカミソリを持っていない手で軽く皮膚を引っ張っておくと、肌から毛が立ち、ムダ毛処理が行いやすくなります。正しい方法でカミソリを使うと、肌への負担を最小限に抑えることができます。

    ■ムダ毛処理後のケアも重要
    ムダ毛処理後は、十分なスキンケアを行う必要があります。しっかりとスキンケアを行わずに放置してしまうと、肌トラブルを生じかねません。
    必ず、たっぷりの化粧水やボディミルクなどで肌を整えるようにしましょう。

    ■カミソリは清潔な状態で保管
    カミソリは清潔な状態で保管する必要があります。不衛生なカミソリを使うと、肌表面にできた傷から細菌が侵入し、肌が炎症を起こしてしまう可能性もあります。水気はふき取り、乾燥させて保管しましょう。衛生面を考えて、10回程度(または2週間程度)使ったら、替刃を交換すると良いでしょう

    04
    ムダ毛処理はカミソリで手軽に!

    肌を見せる時期は手軽に行えるムダ毛処理方法を行いたいところです。カミソリであれば、簡単にムダ毛を処理できるのでおすすめです。
    ただし、カミソリに限らず、どんなムダ毛処理方法でも肌を傷つけてしまうので、ムダ毛処理後はスキンケアを怠らないように気を付けましょう。

    あなたにおすすめの記事