TOPシックスタイルマガジン シックスタイルマガジン for WOMEN パーツ別の剃り方うなじのムダ毛処理をセルフでするならカミソリがおすすめ!必要なアイテムも紹介

Schick Style Magazine

ムダ毛処理の知識
パーツ別の剃り方
パーツ別の剃り方

うなじのムダ毛処理をセルフでするならカミソリがおすすめ!必要なアイテムも紹介

うなじのムダ毛処理をセルフでするならカミソリがおすすめ!必要なアイテムも紹介 うなじのムダ毛処理をセルフでするならカミソリがおすすめ!必要なアイテムも紹介

うなじのムダ毛処理はどのようにおこなっているでしょうか。
理髪店や美容院に行ったときについでにキレイに整えてもらっている方もいると思います。

ただキレイな状態を長く保ち続けるのであれば、セルフでおこなうのがおすすめです。
では自分でうなじのムダ毛を処理するのであれば、どのようなカミソリがおすすめで、どのようなアイテムが必要なのか紹介します。

01
うなじのムダ毛をセルフで処理する方法とは

うなじのムダ毛を自分で処理するのであれば方法はいくつかあります。
長い期間キレイな状態を保つのであれば脱毛や除毛が挙がりますが、脱毛であれば毛抜きや脱毛テープを使う方法があります。

毛抜きは根こそぎ毛を抜くので、確かに長期間キレイにはなりますが、首の裏側になるため毛抜きの操作がしにくく、時間もかかるというデメリットがあり、必要な毛を抜いてしまうかもしれません。

また脱毛テープは広い範囲の毛を抜けるものの、毛抜き含めどちらも肌への刺激が強いので肌トラブルの原因にもなります。

除毛であれば除毛クリームを使う方法がありますが、これはクリームを塗った箇所の毛を根本から抜き、古い角質まで取ることもできます。仕上がりもつるつるになりますが、塗りムラが起こりやすく太い毛の処理ができないことや、肌ダメージにもなるので注意が必要です。

ではカミソリでのシェービングはどうかというと、うなじのムダ毛の処理には適した方法と言えます。

カミソリは毛を根こそぎ抜くわけではないため、キレイな状態を保つのは脱毛や除毛ほど長くありません。それでも剃ることで形なども整えられるので、よりキレイな状態を作ることができます。

またカミソリは種類が豊富であり、お手頃価格で手に入るのでコスパも良く、男性であれば髭剃り用のカミソリ、女性であればほかの毛の処理と併用できるので、そういった点でもお得です。

慣れないうちは目の届かない場所の処理なので難しく感じるかもしれませんが、手順やコツを守れば比較的簡単におこなうことができます。

そのためにも正しい方法はしっかり把握し、うなじのムダ毛を処理する際に必要なカミソリやシェービング剤、合わせ鏡や三面鏡などの鏡、ローションやクリームなどの保湿剤を準備しておくことが大切です。

うなじの毛の処理におすすめのカミソリはこちら
02
セルフでうなじのムダ毛処理をする際に適したカミソリ

セルフでうなじのムダ毛を処理するためにも重要となるのがカミソリとシェービング剤選びです。

特にカミソリは種類が豊富なので、うなじのムダ毛処理に適したものを選ぶ必要があります。
ここからはうなじのムダ毛処理に適したカミソリを4つ紹介します。

クアトロ5

クアトロ5はしっかりと深剃りができ、切れ味が長持ちするコンパクトヘッドのカミソリです。刃と刃の間の感覚を狭めた設計なので、深剃りできる5枚刃を4枚刃と同等の小さなヘッドで搭載しています。

また大型ガードバーが肌を伸ばして剃りやすい状態にし、狭い間隔にチタンコートの刃を置くことで肌の食い込みを防ぎつつ、安全なシェービングを可能としています。

その切れ味の良さと持ちの良さ、そして肌をいたわりながら剃れることから、うなじの毛を剃るのにも適した1本です。\

ハイドロ5

肌をいたわりながら剃り味にこだわった1本がこのハイドロ5です。

搭載された5枚刃は短い時間でのシェービングを可能にするほどの剃り味を持ち、スキンガードが肌上の動きをコントロールしてくれるので、刃と刃の間に肌が食い込むのを防いでくれます。

またモイスチャージェルBOX®が付いているので、濃密なジェルが摩擦を軽減して、すべりを滑らかにし、肌を守る効果も発揮してくれます。

ハイドロ5はウォータースルー構造を持っており、刃の後ろ側から水を流すことでカミソリに残った毛やシェービング剤を簡単に洗い流せるので、清潔な状態を保ちやすいのもポイントです。

ハイドロシルク

ハイドロシルクはスキンガードで肌への負担を減らし、摩擦を抑えて不要な角質も落としてくれるカミソリです。

毛の処理用に作られているので体の立体的なカーブに沿いやすい構造となっていて、スキンフィット5枚刃が肌に密着して剃ることができるので、簡単に毛を処理することができます。

水に触れることでヒアルロン酸(ヒアルロン酸Na:保湿剤)とセラミド(セラミドNG:保湿剤)配合のモイスチャー美容液が溶け出すので、剃った後も肌をうるおしてくれるので敏感肌の方でも安心して使えます。

うなじの毛を処理しつつ、うるおいのあるキレイな肌に仕上げたいのであれば、おすすめの1本です。

イントゥイション敏感肌用

敏感肌用に作られたカミソリが、このイントゥイション敏感肌用です。

ボディソープなしで剃れるほど肌にやさしく、剃った肌はすべすべになるのが特徴のカミソリになります。

濡らすだけでカミソリの動きをスムーズにし、肌にうるおいを与えるモイスチャーソープが付いており、アロエ&ビタミンEおよびB5(アロエベラ葉汁、酢酸トコフェロール、パンテノール:保湿剤)を配合したソープで、刺激が少なく、敏感肌の方におすすめです。

さらにセーフティワイヤーが刃を覆っており、肌に刃が当たるのを最小限に抑えて、負担を軽減しています。

03
セルフでうなじのムダ毛処理をする際に適したシェービング剤

セルフでうなじのムダ毛を処理するのに必要なもう一つのアイテムがシェービング剤です。
シェービング剤もうなじのムダ毛を処理するのに適したものがあるので、おすすめのものを2つ紹介します。

ハイドロプレミアム シェービングジェル

ハイドロプレミアムシェービングジェルは剃り残しが気になる方や初めてシェービング剤を使う方におすすめの商品です。

透明ジェルなので塗った部分の毛の状態も確認しやすく、肌に密着して毛を根本から柔らかくしてくれるので滑らかな深剃りも可能になります。

すべり成分であるPEG115Mを配合しており、5枚刃カミソリ用に開発されたシェービングジェルなので、5枚刃のすべりを高めてさらに滑らかな剃り味を感じられます。

3種のヒアルロン酸(加水分解ヒアルロン酸アルキル(C12-13)グリセリル、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、加水分解ヒアルロン酸:保湿剤)を配合することで、剃った後の肌をしっとりとすべすべにしてくれるのもポイントです。

ハイドロシルク シェービングジェル

ハイドロシルクシェービングジェルは、敏感肌用に作られたシェービング剤です。

毛を柔らかくし、刃のすべりを滑らかにしてくれるので、力を入れなくてもキレイに毛を剃ることができます。

さらにWヒアルロン酸(ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、加水分解ヒアルロン酸:保湿剤)を配合しているので、肌本来の水分を保ちつつ、仕上がりはうるおいに満ちたつるつるの肌になります。

敏感肌の方でも安心して使えるので、背中の毛を処理したい方にはいいでしょう。

04
セルフでうなじのムダ毛処理をしよう

うなじのムダ毛処理は理髪店や美容院に行ったときにやってもらうほうが楽ですが、タイミングによっては自分でおこなったほうがキレイな状態を長持ちさせられます。

セルフでうなじのムダ毛処理をするのは、初めてだと躊躇いはあるかもしれませんが、慣れればそれほど難しくありません。

正しい方法と適したアイテムを揃えれば、十分に可能なので、自分でうなじのムダ毛処理をおこなってみましょう。

うなじの毛の処理におすすめのカミソリはこちら

RECOMMEND
おすすめアイテム

あなたにおすすめの記事