TOPシックスタイルマガジン シックスタイルマガジン for WOMEN パーツ別の剃り方脇毛処理を行うメリットや揃えておきたいアイテムを紹介

Schick Style Magazine

ムダ毛処理の知識
パーツ別の剃り方
パーツ別の剃り方

脇毛処理を行うメリットや揃えておきたいアイテムを紹介

脇毛処理を行うメリットや揃えておきたいアイテムを紹介 脇毛処理を行うメリットや揃えておきたいアイテムを紹介

脇毛は男性でも女性でも生えてくる毛の一種です。
そして、暑い季節にはTシャツやノースリーブなど出番が増え、脇毛の処理をしたいと考えている方も多いのではないでしょうか。

脇毛の処理の仕方もいろいろありますが、そのなかでも自分で処理する場合はいくつか準備するものがあります。

この記事では、脇毛処理をおこなうメリットやそろえておきたいアイテムなどを紹介します。

01
脇毛処理をおこなうメリットとは?

脇毛は気にする方が多い部位ではありますが、脇毛をしっかりと処理している方もいれば、そのままという方もいるでしょう。

脇毛は定期的に処理をすることでいくつかのメリットを得られるため、できれば日々の生活のなかで脇毛の状態を確認して、正しい方法で処理をおこなっておきたい部位でもあります。

ではどのようなメリットがあるのか、2つ紹介します。

脇の匂いの軽減

脇の匂いが気になるという方には、特に脇毛の処理をおすすめします。

脇は発汗しやすい部位の一つであり、脇毛が長い状態だと汗をかいた際に脇が蒸れてしまい、細菌が繁殖しやすい環境を作り出してしまいます。脇を含め、体の多くの部位の匂いの原因は細菌にあると言われています。

また、発汗の具合は個人差がありますが、特に汗をよくかく方は、脇汗が服に汗染みを作ってしまうこともあります。

脇毛を小まめに処理しておけば脇が蒸れにくく、汗が乾きやすくなり脇からの匂いが抑えられる効果を得られます。

服装の自由度が高くなる

薄着になる季節は特に、脇が見える服装になることもあるでしょう。

しかし脇毛にコンプレックスを持っている方の場合、ノースリーブなどの服装は避けることが多く、服装の幅も狭まってしまう方も多いのではないでしょうか。

こういったコンプレックスを持っている方も含めて、着たい服を自由に気兼ねなく着ることができるようになるのも、脇毛処理のメリットです。

脇毛処理は安全ガード付きのカミソリがおすすめ
02
脇毛処理の正しい方法

脇毛の処理をする方法はいくつかありますが、お手軽かつリーズナブルで、自分でも小まめにおこなえるのがカミソリを使った自己処理です。

ここからは、カミソリを使った正しい脇毛の処理方法について紹介します。

事前に準備しておくものとしては、カミソリとシェービング剤、保湿剤、脇を見るための鏡の4つです。初めて処理するのであれば、ハサミも準備しておくことをおすすめします。
シェービング剤はジェルでもクリームでも良いですが、剃る部分が見えやすいジェルがおすすめです。

脇毛が長い状態にある方、初めて脇毛を剃る方は、事前に1cmくらいに短くしておくことで剃りやすくできます。
Schickから発売しているマルチボディーシェーバーの電動スキカミソリの機能は、アタッチメントを調整すると好みの長さに毛を短くすることができるので、脇毛が長い状態にある方、初めて脇毛を剃る方におすすめのアイテムです。脇毛が長い状態にある方、初めて脇毛を剃る方におすすめのアイテムです。

カミソリで脇を剃る際は、できるだけ剃る部分が平らになるようにすることがポイントであり注意点でもあります。

脇の皮膚はデリケートなうえ、凹凸があって難しい部位になります。脇の部分を鏡で見ながらシェービング剤を塗り、腕の位置を調節してできるだけ平らになるようにしましょう。

脇毛は様々な方向に伸びていることから、米の字を書くようなイメージで慎重に動かしてください。少し時間はかかりますが、剃り残しがないように確認しながら剃りましょう。

剃り終わったら脇を洗い、肌が乾燥しないように保湿するのがおすすめです。保湿クリームを塗り、肌トラブルを防ぐようにしてください。

シェービング剤は刃のすべりをなめらかにしてくれるのでおすすめ
03
脇毛処理におすすめのカミソリ

自分で脇毛の処理をおこなう際におすすめのカミソリを4つ紹介します。

カミソリは髭を剃る用として使うのはもちろん、脇を剃る用としても使える優れものなので、1本で済ませたい方にはおすすめです。

マルチボディシェーバー

マルチボディシェーバーは、体の様々な毛の処理ができる5枚刃のカミソリと電動スキカミソリが一体となっています。これ1本で毛をすく、剃る、肌をうるおすという3つの効果を得ることができます。

5枚刃のカミソリは肌に直接触れないにも関わらず、簡単にしっかり剃ることができるのが特徴です。
水に触れると溶け出すモイスチャージェルはヒアルロン酸(ヒアルロン酸Na:保湿剤)配合なので、肌にうるおいを与えながら毛の処理をすることができます。

さらに電動スキカミソリ部分に、毛の長さを4段階に調節できるアタッチメントを取り付けることで、自分の好みの毛の長さに整えられます。防水加工なので電動でも浴室で安心して使えます。

極 KIWAMI

Schickの主力商品であり、深剃りと上質肌ケアを両立したのがこの「極 KIWAMI」シリーズです。

5枚刃を短いストロークに設置したことで短い時間で一気に深剃りできるのが特徴です。

スキンガードやジェルプールの搭載により、肌上の動きをコントロールして刃と刃の間に肌が食い込むことを防ぎつつ、肌をうるおして保護しながら快適な剃り心地を実現しています。
これなら敏感な部位である脇にも安心して使用できます。

またヘッドを動かさずに固定して剃るためのロックボタン機能もあるので、剃り残しを抑えることができます。
衝撃吸収テクノロジーも付いているので、肌にかかる圧力を自動調整して、肌への密着をサポートしてくれるのも大きなポイントになります。

「極 KIWAMI」シリーズには敏感肌用もあるので、肌が弱い方にもおすすめの1本です。

ハイドロシルク

ハイドロシルクはスキンガードで肌への負担を減らし、摩擦を抑えて不要な角質も落としてくれるカミソリです。

水に触れることでヒアルロン酸(ヒアルロン酸Na:保湿剤)とセラミド(セラミドNG:保湿剤)配合のモイスチャー美容液が溶け出し、剃った後も肌をうるおしてくれるので敏感肌の方でも安心して使えます。

体の立体的なカーブに沿いやすい構造となっており、スキンフィット5枚刃が肌に密着して剃ることができるので、簡単に毛を処理することができます。

イントゥイション敏感肌用

敏感肌の方に向けて作られたカミソリが、このイントゥイション敏感肌用です。
ボディソープなしで剃れるほど肌に優しく、剃った肌はすべすべになるのが特徴のカミソリになります。

濡らすだけでカミソリの動きをスムーズにし、肌にうるおいを与えるモイスチャーソープがついており、アロエ(アロエベラ葉汁)&ビタミンE(酢酸トコフェロール)およびビタミンB5(パンテノール)を保湿剤 として配合したソープであり、刺激が少なく、敏感肌の方におすすめです。

さらにセーフティワイヤーが刃を覆っており、肌に刃が当たるのを最小限に抑えて、負担を軽減しています。
脇の毛を処理する際に、肌トラブルにお悩みであればおすすめの1本です。

04
脇毛処理におすすめのシェービング剤

脇毛処理の際にもう一つ必要なのがシェービング剤です。

先ほど剃る部位が見えやすいジェルがおすすめであると紹介しましたが、特に脇毛を剃るときに使うと良いおすすめの2本を紹介します。

ハイドロプレミアム シェービングジェル

初めてシェービングをする方や剃り残しが気になる方におすすめです。
肌に密着して毛を根本から柔らかくする5枚刃カミソリのために開発された透明ジェルタイプのシェービング剤になります。

これはPEG-115Mと呼ばれるすべり成分が配合されているためであり、刃のすべりをさらに滑らかにしてくれます。

また3種のヒアルロン酸(加水分解ヒアルロン酸アルキル(C12-13)グリセリル、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、加水分解ヒアルロン酸:保湿剤)が配合されているので、剃り終わった後はしっとりすべすべな肌になります。

ハイドロシルク シェービングジェル

敏感肌の方におすすめ*¹のシェービングジェルです。
ジェルにはムダ毛を柔らかくする作用があり、刃のすべりをなめらかにし肌への負担を最小限に抑えて、スムーズなシェービングを実現することができます。

さらにWヒアルロン酸(うるおい成分)を配合しているので、脇毛を処理した後も肌のうるおいが保たれた、つるつるの仕上がりが期待できます。

*¹ 皮膚刺激テスト済(全ての人に刺激がおきないというわけではありません)

05
適したカミソリで脇毛処理をしよう

この記事で紹介したように、脇毛を処理することで匂いの元になる細菌を抑えたり、おしゃれの幅が広がったりなどのメリットも考えられます。

脇毛が気になり自分で処理したい場合は、適したカミソリで脇毛処理をおこなうことをおすすめします。

適したカミソリと正しい方法で脇毛処理をおこなえば得られるメリットも大きく、また慣れてこればそれほど苦にはなりません。

脇毛処理におすすめのカミソリはこちら

RECOMMEND
おすすめアイテム

あなたにおすすめの記事