Schick Style Magazine

ムダ毛処理の知識
パーツ別の剃り方
ムダ毛処理の知識

ムダ毛処理に必須のおすすめアイテムを紹介

ムダ毛処理に必須のおすすめアイテムを紹介 ムダ毛処理に必須のおすすめアイテムを紹介

ムダ毛処理にはさまざまな種類のアイテムがあります。
そのため、ムダ毛処理をしようと思ってもどのアイテムが良いのか悩む方もいるのではないでしょうか。

この記事では、ムダ毛処理におすすめの方法やアイテムを紹介します。

01
ムダ毛処理のおすすめの方法は?メリットとデメリット

ムダ毛処理には、カミソリや除毛クリーム、サロンや病院での脱毛などさまざまな方法があります。
その中でも多くの方が使ったことのある、カミソリでムダ毛処理をするメリットとデメリットやムダ毛処理に必要なアイテムを紹介します。

カミソリでムダ毛処理をするメリット

まずは、カミソリでムダ毛処理をするメリットを紹介します

コストが低い

カミソリは安いものであれば数百円で購入することもできます。その他のムダ毛処理方法より安く抑えることができ、手軽に使えます。

短時間で処理できる

除毛クリームは塗ってしばらく時間をおく必要がありますが、カミソリであればそのような時間は必要ありません。
時間がかからないため、ムダ毛を見つけたときにすぐ処理することもでき、便利です。

深ぞりができる

カミソリは深ぞりができるため、キレイにそることが可能です。またそったあとはチクチク感が少なく、肌がツルツルすることもできます。
深ぞりをしたいからといって力を入れすぎると、肌に大きな負担を与えるため、力の入れすぎには注意しましょう。優しく適切に剃ることで深剃りは可能です。

カミソリでムダ毛処理をするデメリット

カミソリでムダ毛処理をするデメリットを紹介します

定期的にムダ毛処理が必要

カミソリでムダ毛の処理をしてもまた生えてくるため、定期的に処理が必要です。
ムダ毛処理に時間はかかりませんが、繰り返し処理することが手間になってしまう方もいます。

肌荒れすることもある

カミソリを清潔にしていないことで肌を傷付ける場合もあります。
肌が弱い方や心配な方は、敏感肌用などの肌に優しいカミソリを選ぶようにしましょう。
またカミソリを清潔に保つために使ったあとは毛などをしっかり洗い流し、水気をふき取り乾かしておくことが必要です。

ムダ毛処理をするときに必要なアイテム

ムダ毛処理に必要なアイテムを紹介します。

カミソリ

カミソリは顔や体のムダ毛を処理することができますが、顔と体ではそれぞれの用途にあったカミソリを使うことをおすすめします。

顔は眉や鼻下など細かい部分が多いことからL字型(I字型)のカミソリが向いています。それに対して体はそる範囲やカーブが多いため、T字型の一度に広範囲がそれるカミソリが使いやすいでしょう。

シェービング剤

シェービング剤はカミソリのすべりを良くし、肌との摩擦を抑えてくれます。それにより肌への負担を減らすことができます。
カミソリによってはシェービング剤が付属しているものもありますが、付属してない場合は用意しておくことがおすすめです。

化粧水や保湿クリーム

ムダ毛処理をしたあとは肌が乾燥している状態になります。そのため、化粧水や保湿クリームで肌にうるおいを与えることが必要です。
肌荒れなどの原因にもなるのでしっかりと保湿しましょう。

02
ムダ毛処理におすすめのアイテム

ムダ毛処理におすすめのアイテムをいくつか紹介します。

Schick ハイドロシルク

ハイドロシルクは、付属のジェルが水で溶け出すため、シェービング剤を用意する必要がありません。また、ジェルには美容成分が含まれていることで肌にうるおいを与えてくれます。

5枚刃でスムーズに肌にすべらせるころができ、肌への負担を減らして簡単にムダ毛を処理することができます。

Schick イントゥイション 敏感肌用

イントゥイションには、石鹸がついており、ハイドロシルク同様にシェービング剤が必要ありません。そのため、濡らすだけでスムーズにそることができ便利です。
石鹸には、アロエとビタミンE/B5*¹(保湿剤)が含まれており、肌がうるおいます。

またセーフティワイヤーがあるため、肌への負担を減らしてくれるのです。
敏感肌用の他にも種類があるので自分に合ったものを選ぶことができます。

*¹アロエ:アロエベラ葉汁 ビタミンE:酢酸トコフェロール ビタミンB5:パンテノール

Schick クアトロ4 フォーウーマン

クアトロ4 フォーウーマンは、ヘッドが首振りするため、体のカーブが多い部位にもフィットしてそることができます。
4枚刃でセーフティワイヤーが付いており、スムーズに肌への負担を抑えながらムダ毛の処理が可能です。

Schick Lディスポフェイス用

顔そり用の使い捨てのカミソリになります。価格も安いため、顔のムダ毛処理も行いたい方にはおすすめです。
ヘッドがスリムなため、眉などの細かい部分の処理もしやすくなっています。また、手持ち部分がすべりにくくなっており、安心です。

Schick ハイドロシルクシェービングジェル

ハイドロシルクシェービングジェルは、敏感肌用*2のシェービングジェルです。
カミソリのすべりをスムーズにし、肌への負担を減らします。Wヒアルロン酸(保湿剤)が含まれているため、肌にうるおいを与える効果も期待できます。
また敏感肌用ということもあり、皮膚刺激テストもされている点も良いでしょう。

*²皮膚刺激テスト済(全ての人に刺激がおきないというわけではありません)

03
ムダ毛処理におすすめのアイテムをチェックしよう

今回は、ムダ毛処理でも多くの方が使ったことのあるカミソリを中心に紹介しました。
それぞれの肌質やそる部位で使うアイテムも異なるので、自分の肌質やそりたい部位はどこなのか確認しておくと良いでしょう。

ムダ毛処理は少なくとも肌への負担はかかってしまうことから、肌への負担が少ないアイテムを選ぶこともおすすめです。また、ムダ毛処理は保湿が大切なため、処理後のケアも忘れないようにしましょう。

RECOMMEND
おすすめアイテム

あなたにおすすめの記事