敏感肌とシェービングの新しい関係

02
敏感肌とカミソリの圧力

敏感肌男性の懸念はシェービング時のカミソリの
「圧力」と「往復」

敏感肌とカミソリの圧力

ビジネスパーソンの身だしなみとして、毎日ヒゲを剃っている男性も多いはず。その一方で、シェービング=肌に負担がかかるというイメージが強いのも事実です。
調査データ(※2)によると、カミソリユーザーで敏感肌に悩む男性のうち約80%が「カミソリを押し付けたときの圧力」や「肌を何度も往復して剃ること」が、肌に負担をかける要因になると感じていることが明らかになっています。
そうした心理的ストレスを減らして、肌トラブルを避けたいものですよね。

敏感肌とカミソリの圧力

肌ダメージを気にしすぎると
ヒゲのトラブルの
原因に?

敏感肌男性のみなさん、肌ダメージを気にするあまり、カミソリの圧力を弱めていませんか?
しかし、圧力が弱すぎると深剃りができず、すぐにヒゲが生えてきたり、カミソリの往復回数を減らしてヒゲを剃り残してしまったり…悩みは尽きません。正しいウェットシェービング方法をマスターすることが、剃りの浅さや剃り残しを解消するための第一歩です。
まずは、洗顔後の肌にシェービング剤を塗ってカミソリの刃による摩擦から肌を保護します。面積が大きい頬からカミソリを滑らせて、ノド→アゴ→唇の下→鼻の下の順に剃り進めましょう。その後、肌にお湯をつけて水分を補給しながら剃り残した部分のヒゲを逆剃りして、さっぱり仕上げます。そして、余分なシェービング剤を洗い流してやさしくタオルドライ。最後に化粧水や乳液を塗って肌を整えるのも忘れずに!

剃るエリアの順番

  • STEP1: 頬 イラスト

    STEP1: 頬

  • STEP2: ノド イラスト

    STEP2: ノド

  • STEP3: アゴ イラスト

    STEP3: アゴ

  • STEP4: 唇の下 イラスト

    STEP4: 唇の下

  • STEP5: 鼻の下 イラスト

    STEP5: 鼻の下

イラスト 5枚刃

敏感肌に優しいのは
肌への圧力をコントロール
してくれるカミソリ

イラスト 5枚刃

もちろん、カミソリの圧力が強すぎても肌の負担になります。肌にとって重要なのは、カミソリの圧力をコントロールすること。アンケート(※2)でも、カミソリユーザーで敏感肌に悩む男性の80.0%が「肌への圧力を分散して負担を減らすカミソリ」が、理想のカミソリだと回答しています。とはいえ、自己流で圧力を調整するのも難しい……そんな男性のニーズに応えてくれるのが5枚刃のカミソリです。
カミソリには、刃の枚数が多いほど1枚の刃にかかる圧力が分散されるという特徴があります。5枚刃は肌当たりがソフト、また少ないストローク数でヒゲを剃ることができるので、肌への負担が軽く、シェービング後に肌がヒリヒリしにくいのが嬉しいところ。敏感肌の人も安心して使うことができるカミソリなのです。

※2 シック調べ:2019年7月、18-59歳のカミソリユーザーの男性500名を対象として「男性のヒゲ剃りとスキンケアに関するアンケート調査」を実施

敏感肌用のカミソリを。
SHAVING for SENSITIVE SKIN
SHAVING for SENSITIVE SKIN

敏感肌のあなたへ。
敏感肌用※3のカミソリを。

SHAVING for SENSITIVE SKIN

ヴァイオリニスト NAOTO

※1 インテージSRI調べ 敏感肌用男女替刃式カミソリ市場の2015年11月~2019年4月 推計販売金額
※2 全ての人に刺激がおきないというわけではありません
※3 皮膚学的な皮膚刺激テスト済み(全ての人に刺激がおきないというわけではありません)

SHAVING for SENSITIVE SKIN

華道家 萩原亮大

現在特設サイトにて、
スペシャルムービー
“極める人に、選ばれた”
を公開中!

- ヴァイオリニスト NAOTO
- 華道家 萩原亮大

敏感肌トップページ